FC2ブログ

現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 乙女系ゲーム その他

Comment (0)  Trackback (0)

【少女も】 龍が如く5 【参戦】 その2。

とうとう分かれた「龍が如く5」の感想後半戦。それだけ嵌ったんだなぁ… 今回は5から、萌えつぶの好きなシーンの抜粋だよ。エンディングバレもあるよ。

龍が如く5 夢、叶えし者 - PS3
セガ (2012-12-06)
売り上げランキング: 1,090
〇 龍が如くポータルサイト

とても嵌ったシリーズだけど、このエンディングはwww 萌えつぶは熱い男たちの戦いを見たかったはず…なのにwww そして修正できないまま6に続くって感じだなナニ( ;゚;ё;゚`)コレ

個人的には遥の存在意義が問われる問題作と思ってる。遥の立ち位置って、「維新」のアナザーライフくらいでいいんじゃないか?脳みそお花畑とまではいかなくてもさ、世間知らずのお嬢さんが本編に出張ってくると碌なことが起こらないのは乙女ゲで既に理解している。そんな彼女に振り回されるのがいかついおっさん達っていう滑稽さ(乙女ゲヒロインに振り回される攻略対象が、むさい極道のおっさん達に替わっただけ、というか。それはそれで面白かったけども(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ)

遥がいなかったら、しょぼくれた桐生さんやいつも銃弾に倒れている大吾とかいても、☆4くらいだったかもしれないけど、萌えつぶの最終評価は☆2.5-3。それだけ遥の罪は重かった… 桐生さんもなんだかな… こんなイケメンタクシードライバーいねぇよ萌(〃▽〃)萌とか思ってたんだけどねぇ… やっぱり遥が関わるとだめだわ。しっかりしてる清純派優等生キャラっぽく描かれている点も、全てあざとく見えてな笑 遥、本当恐ろしい子

ということで畳みます。萌えつぶの独断と偏見を織り込んだネタバレが続きます。見目美しい美男子しか認めねぇ、乙女ゲ界に存在する男子しか無理、ガチムチ無理、男くさいの無理、ヤクザ無理、暴力無理、遥LOVEな方、他人の解釈に狭量な方は回れ右でよろしくお願いいたします。何事もこまけでこたぁいいんだよで乗り越えましょう~ランランヽ(*゚∀゚*)/ルゥ♪




第一部 桐生一馬 @ 永洲街
もう俺のことは放っておいてくれ。堂島の龍の過去と現在。

地方組織と五分の盃を躱さなくてはいけないくらい弱体化した東城会。とうとう露骨な内部扮装まで起きる始末。スパイだらけじゃねぇか。Σ(゚д゚|||)

(第一部冒頭で間接的に組織の方向性の意見を聞こうとしてくる大吾に対して、既に組織を抜けた身として払い除ける桐生さん
大吾 「これでも俺なりに精一杯茨の道を歩いているつもりなんですよ。」

このシーン、本当好きだわ。大吾の苦労や足掻き、成長ぶりは山笠組組長の言葉からもわかるんだけど、それでも前回道を誤ってしまった手前、四代目に何かを期待して会いに行った大吾。桐生さんは桐生さんで、今心に余裕がないのよ。遥の夢のため、子供達の将来のため、自分の大切な「居場所」全てから身を引いて、隠者のような生活を課している。今の彼の一番の居場所は「沖縄の子供達」の所で、東城会ではないんだよな。桐生さん自身も「堂島の龍」や「四代目」の看板が重くなってきたのか。前作では「他人のために」生きることしか許されていない、みたいなことを言っていたけども。この人、本当いらん苦労を背負う人だわ。やくざとかかたぎとかそういうの関係なくさ。この大吾を突き放した後、彼の去り際、思わず振り向こうとする自分自身の止める桐生さんも切なくてな。

その後、大吾失踪事件を知るわけだけども、桐生さん、黒幕の口車にのって、情報精査の余裕もなく、たまたま永洲に来ていた近江連合若頭の渡瀬のおっさんに凸、とか。逆に渡瀬に情報渡してどうするんだ笑 渡瀬のおっさんの酒を断った桐生さん、粋じゃないな。(*`ω´* ) 「大吾の行方不明」=「近江の仕業」って決めてかかる桐生さんえぇ…┐(´~`;)┌ (大吾なんて名古屋で…げふんげふん) 渡瀬の方が現実を見てるよ。しかも「強い奴と喧嘩したい」っていうシンプルなバックボーン、真島の兄さんと同じだな笑

(そんな渡瀬に対して)
桐生 「お前の極道は死に様。俺の極道は… 生き様だ。」

今回のキャッチコピー「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」は一体誰のことなのか一瞬すぐに出てこなかったよね。ラスボスのあの人なのか、堂島の龍なのか、それとも途中で退場せざるを得なかったあの人なのか、それとも…なんて。この台詞は格好いいけども、今の桐生さんは死んでるようにしかみえない。桐生さんの極道とは人生そのものではなく、「堂島の龍」「四代目」が過去になった時点で死んだも同じなのか。=公=

父親が大変なことになっているのに、真っ裸で桐生さんに迫って断られたまゆみ(美人の真っ裸)。これ、組とかそういうの関係なく、桐生さんがいなくなるって女の勘がさせた捨て身の引き留めだよね。女心だよな… 妙齢の娘が父親に縋って泣く姿は本当涙を誘うよ。・゚・(つД`)・゚・

自分の組の「子供達」を守るために、組織解体声明書を桐生さんに託した山笠組長そして彼から知らされた真実。桐生さんにすげなくされても、彼の平穏な生活を守るため、いろいろと手を回していた大吾が泣ける。前回3の沖縄リゾート開発の時もそうだったよな。北海道は真島の兄さんに任せつつ、自分が福岡に飛んだ理由は桐生さん、だったか。本当、大吾は桐生さん大好きマンだな。山笠組長の病室のシーンはいつ見ても泣ける。彼の組長としての顔と、父親としての顔がいい。彼は彼で極道の「あさがお」経営者なんだな。

(山笠組と東城会の大抗争の際、「4代目」が東城会の「味方」をしてくれると思っている東城会構成員に対して)
桐生 「ロクに極道の筋も知らないお前らガキが」
桐生 「間違った道に進まないようにするためにな」

桐生さん、山笠組長の受け売影響を受けたんだな。桐生さんにもまだまだこういう「親」の存在が必要だよ。桐生さんにかかればこの組同士の大抗争も、おイタした子供達にげんこつ一発お見舞いするようなものか笑 それにしても、この大抗争に永洲タクシーの車を使わせてくれた社長、惚れる。

(義理や仁義、暴力上等な「古い時代」の桐生さんをあざ笑う青山に対して、後ろからぶん殴りつつ)
渡瀬 「人を馬鹿にするのを大概にせぇ、ガキが」
渡瀬 ワシはお前の兵隊やない
渡瀬 自分の喧嘩は自分で仕掛けるわ、ボケがぁ!」

渡瀬のおっさんの、こういう筋の通った所が好き。なんで渡瀬と青山って兄弟になったんだろう… 政略的な所があったのかな。(戦闘シーン以外で)桐生さんが容赦なくぼこぼこに殴った東城会の下種キャラって青山が初めてかもしれない(0,1,2は知らんけど)

桐生 「どんなに素性を隠して生きていてもなぁ…」
桐生 「中身は自分でも反吐が出るくらいの」
桐生 ヤクザ者だ、俺は」
桐生 計算だけで乗り切れるほど、極道は甘くねぇんだよ」
桐生 「よく覚えておけ。次は無ぇぞ」

でやっぱり青山を殺さないwww 青山の聞いたうわさ通り、桐生さん、不殺www

森永からしたら、大吾(ひいては東城会)を見捨てた桐生さんも十分「裏切り者」だよな。

第二部 冴島大河 @ 月見野
刑務所からこんにちは(再)。兄弟の生死の行方。

前作エンド後、禊のために刑務所に舞い戻る直前から話が始まる。

冴島が知っている真島との馴染みの焼肉店での会話。狂犬真島から、加齢による肉受け付けない発言は聴きたくなかった笑 冴島のホルモン使った人生教訓笑 「焼かれてこそ価値のある俺達」そこには加齢による言い訳が一切ない。もし「負けた」としたら、それは自分たちが「弱くなった」時。年齢を理由にしない冴島が格好いい。

禊後東城会に戻ろうとしている冴島の方が大吾のことを考えている気がする。桐生さんと冴島、お互い「守るもの」がある弱さ、強さを抱えている対称的ヒーローだな。真島の兄さん、この後特上ホルモン大盛りを頼んだけど、腹壊すなよ笑 無理すんな

桐生さんに頼まれて、組織のために裏方のことばっかりしていたら、すっかり牙をなくしてしまった真島。その上前作では、大吾に裏切られて、警察に連行。今作では肉は食えない、バッティング能力は落ちた、あの頃と同じようには戦えない、と何かと加齢押しの兄さん、寂しすぎる。これでキャラCGに多少の白髪が見えたら萌えつぶ、寂しさにむせび泣けるな。

網走刑務所のシーンはどれも好き(日村の妄想月見野巡り以外笑)。特にこの部は冴島を出所させんと外部から続々と構成員を送り込んでくる「組織」の存在に目が離せなくなったよね。

(高坂から真島からの東城会「破門状」を受け取った後で)
冴島 あほらし
冴島 「俺はヤクザを続けたかったんやない」
冴島 「ただ自分が信じたヤツらと一緒に居りたかっただけなんや」

自分の人生をかけれる居場所だと思っていた所からの破門状を一笑に付す冴島のぶれなさがいい。彼の居場所は組織ではなく、世話になった笹井の親父(今はもう見る影もない浮浪者。生死不明)、亡き妹靖子、そして兄弟と認めた男真島や、その他彼が繋がってきた人達なんだよな。

(大乱闘で負けた釘原、まさかの命乞い)
冴島 「お前は極道相手に喧嘩を吹っ掛けたんや」
冴島 「これくらいの覚悟できとるやろ」

ここで釘原の腕をつぶしたのは冴島の優しさ違 この冴島を救出する日村のシーンは何回か見た笑 日村、格好良すぎ

何度見てもヤマアラシ(巨大ヒグマ)素手で戦う冴島が笑える。(ノ∇≦*)

何年かぶりに食べたシャバの温かいご飯は鹿鍋。この時の見知らぬ人(=奥寺)の無言の優しさに触れた冴島の表情が本当胸を打つ。

(馬場ちゃんにどうして自分のことを雪山で助けたのか聞かれて)
冴島 「兄弟を見捨てられるわけない」
冴島 「人と人の絆っちゅうもんは」
冴島 盃なんか交わさんでも自然にできるもんや」
冴島 「俺はお前のことずっと弟分やと思とったで」

この時の馬場ちゃん、冴島に質問を投げかけながらもなんか懇願してるもんな。冴島の漢気に触れて、自分の使命を手放したくなってくる瞬間。もっと早くに冴島に出会っていたら。冴島も桐生さんと同じ、みんな彼を求めて、夢を見てしまう存在なのかもしれない。「兄貴」と勝手に呼んでいた馬場ちゃんを「兄弟」と受け止める度量の大きさが冴島にはある。そういえば、冴島、浜崎とも口頭で「兄弟」になってたな。馬場ちゃん、お兄ちゃんの鉄拳を受けて改心

自分たちは極道に入るしか道のなかった時代を生きたわけだけども、27年前の事件を踏まえてなのか、それ以前の話なのか、「二度と、俺みたいな悲しい道を生きんでもええようにする」、それが冴島と真島の夢、か。今の東城会は一枚岩じゃないどころか、裏切り者ばかりだからな。柏木さんみたく「堅生会」(元極道達を堅気にして社会復帰させる組織)を営んでいる姿が想像つくわ。

冴島の目がだんだんキラキラ澄んできてない?

【アナザードラマ】

この第二部のアナザードラマだけはフルコンプした後も延々と遊んでいられたよね。冴島が好きすぎたからか、マタギとしてのスローライフが楽しかったのか。ストリートファイト以外で萌えつぶがお金を稼げた唯一の方法

(趣味のために狩りをするよそ者鳴海を快く思わない集落の人に対して)
冴島 外道に外道で答えたらあかんよ」

この言葉、本当胸に刺さるわ。萌えつぶの中のハ〇ムラビ法典が揺れに揺れまくるわ。山の生態系を自分の「欲」や「遊び」のために壊すいけ好かない鳴海を助けに山に入る冴島はやっぱり男だね。惚(´∀`*)

集落のみんなが「奥寺」さんに対してそっけない態度をとっていたのには優しい理由があったんだな。

まさかと思っていたけども、奥寺さんの過去がぶったまげ

第三部 澤村遥/秋山駿 @ 蒼天堀
私、アイドルになります。お金の面倒は俺が見ますよ。

桐生さんがしょぼくれている原因が判明する回笑

当初朴社長に遥デビューの条件を言われた時は、桐生さん、突っぱねていたんだよな。それを鼻で一笑する社長Tsueeee。

朴 「道を極めたっていう割には、ずいぶん世間知らずなのね、あなた。」
朴 「女の子一人に夢を見させることすらできない男が、カッコつけてんじゃないわよ。」

朴社長、かっこいいけども、桐生さん、すっかり社長の口車に影響されちゃって…=公=えぇ… 桐生さんこそ、純粋すぎでしょうが… 子供達が今幸せなら駄目なのか?朴社長は、子供達は過去に傷を負ってても、今が幸せでそれを壊したくないがために怯えていて「夢」がないっていうけどさ、過去作から子供達を見ていると、彼らにはそれぞれに夢があったと思うけど?太一はプロレスラーだったし。桐生さんが「安全な場所」を提供してあげたからこそ語られた「夢」なんじゃないのか?それに子供達が桐生さんに「将来」のことを相談したら、真摯に考えてくれると思うぞ?朴社長が語っているのは、自分の経験からきた言葉であって、あさがおの子供達のことではないと思うけどな。それなのに、子供達を一番近くで見守ってきた桐生さんが心揺れちゃダメだろ。むしろ、そんな自身の過去こそが、桐生さん自身が一番負い目に感じていることじゃないのか?だから「子供達のため」という大義名分をもって逃げ出したの?ぶれぶれだね。=公=

しかも社長、桐生さんにも夢を持ってって…=公= 桐生さんの夢は「子供達の成長」でしょうが。桐生さんのことをロクに知りもしないのに、元極道ってレッテルを張って、「居場所」を取り上げて腑抜けにさせたのは明らかに朴社長だよ。しかも、遥自らアイドルになりたいんじゃなくて、社長がたまたま遥を本屋で見かけたから、自分の夢を叶えるために、アイドルの世界に引きずり込んだんじゃないのか?桐生さんや子供達の今の夢を壊してるのは誰だ。

(どうして遥の夢がわかるという桐生の問いに対して)
朴 「簡単よ。」
朴 私の夢も同じだからよ。」

えぇぇぇwww この人、自分の理想を子供に押し付ける毒親になりそうだな笑 知り合って10日くらいの社長よりも、桐生さんの方が遥のことを知っているだろうに。遥が思春期を迎え、二人の絆はそんなに浅いものになってしまったのか?

「夢は必ず引き継がれるもの」って朴社長言うけどさ、その遥によって引き継がれる夢はアンタの夢ではないはずだ。でも、桐生さん、真面目だから余計に考えちゃったんだな。

桐生さんの「覚悟」を知った遥、朴社長の夢を受け継ぐ覚悟をする。それって自分の夢って言えるの?桐生ストーリーを見た後での遥のアイドルへの意気込みが薄っぺらく感じてだな。=公= あんた、本当にアイドルになりたいの?って思っていたけど、桐生さんの意気込みを聞いて、自分も「あさがお」の金銭的事情を支えるべく、アイドルになろうとしたのか。それって、遥個人の夢ではないよね。(遥がアイドルになることで「あさがお」に金銭援助を申し出た)朴社長の夢、だよね笑 遥のキャラを考えたら、生活のため、あさがおのため、手に職をつけるって意味合いの方が強いよね。「アイドル」っていうよりも、純粋に「職業」っていう。新聞配達と何ら変わらない意識っていうか。だから、全国区の「アイドル」になりかけの大ステージであんなことが言えるんだと思う笑

さすが芸能界で生きて来ただけある朴社長の美に対する心意気が凄い。きっと真島の兄さんの口添えがあったとはいえ、鬼の朴社長に化粧してもらえるくらい気に入られる遥が凄い。そして安物のペンダントも受け取ってもらえるなんて。ある意味遥は人たらし

それにしても、遥に土下座を迫るT-SETの二人を前に、朴社長の「土下座して差し上げなさい」シーンは凄いよな。メス猫たちの戦いにメスライオンが現れた感がある。そんなメスライオンが見せる女の顔が、凄く可愛いギャップ。

あああDream-lineって遥とT-SETのジョイントユニットだったのか。かっちゃんと朴社長の友情が実を結んだ…!! ってやっぱり遥がセンターですよねぇwww T-SETが平成のアイドルなら、遥は昭和のアイドルって感じがする。

遥の一般的な「はい」って返事の言い方が、絶望に満ちているのは違和感

第四部 品田 辰雄 @ 錦栄町
過去の栄光と挫折の陰に隠れた陰謀。

東城会とは何の関係もない土地、主人公が舞台の第四部。この品田ルートは哀川翔さんと行動できるのがいい。

夢を語る大吾はいいヤツだな。この人、やっぱり極道には向かない気がするわ。

大吾、人(品田)んちに土足で上がるのはいいとしても、人の布団の上に、革靴で上がるのはどうなの?www 品田、ここは怒ってもいいと思うよwww

(名古屋組に捕らわれて命の危機に面した品田を助け?にきて)
高杉 「てめぇら…」
高杉 生命保険も掛けてねぇ人間、勝手に殺すんじゃねぇよ!」

( ;゚;ё;゚`)ンフッ 敵なのか味方なのかwww このシーンは何回観ても好き

この町の得体のしれない名古屋組が一番気持ち悪かった。そこで疑心暗鬼になる品田がかわいそうでな。(´д⊂)

(そんな弱気な品田に対して)
高杉 「利用されようがたった一度だけの打席だろうが…」
高杉 「お前はプロ野球選手だった」
高杉 「あのホームランに感動して」
高杉 「希望を持てた客だっているんだ。馬鹿野郎が!」
高杉 ちゃんと返せよ。」
高杉 「借金とあのボール。」
高杉 結構大切にしてたんだ」

デレタ━((((*゚Д゚*))))━ッ!!! 高杉、デレタ━((((*゚Д゚*))))━ッ!!!www

それにしても品田、大吾からもらった2000万円、全部高杉にあげちゃうのか。一束(100万)くらい、懐に入れたら当面の生活は楽になったんじゃないのか?

近江連合に囲まれる中、澤田がサインを出して品田のピンチを回避させるシーンは好き。

冨士田監督が名古屋を守るために品田を犠牲にした話が美談かのように澤田によって語られているけど、この人達、人一人の夢と人生を勝手に棒に振って、野球八百長賭博をしているからね。全然美談じゃないからね。

品田と澤田との数年ぶりの決着後に流れたのが「魂よ抱いてくれ」で、このシーンの本気度が分かるよね。これっぽちも極道みがなくて「龍が如く」っぽくないんだけど笑

(名古屋組の真相を知って)
大吾 「ここから先は俺の仕事だ」
大吾 「もう手を引くんだ」

名古屋組に絡んでいた近江連合の存在。ここからは堅気の品田ではなく、極道の俺の仕事だと、こういう線引きのできる大吾は格好いい

って突然自分の将来にマジになった品田、やっぱり拳を交える時は上半身は裸なのwww 素振り5000回腹筋1000回って結構時間かかるよね。それを毎日やっていたのか。の割には、野球に後ろ向きだっよな、こいつ。

一緒に新幹線に乗る品田と大吾の珍道中が笑える。品田、東城会と関東連合の緊張を知らないから、新幹線の中で、普通に「東城会会長」っていちゃうんだもんなww 大声ってわざとだろwww

最終部
夢を叶えたのは一体誰か。

主人公桐生再び。それぞれの部の登場人物が集まってくるのは圧巻。

花屋の闘技場で、「アニキ探し」をしていた頃の相沢は、この時既に近江連合7代目の座を狙う存在だったのか?で途中で森永に見切りをつけられたと。彼のデスマッチを心配げに見守る冴島の顔。相澤の現状を知って、やっぱり拳で「兄弟とは何か」を語る冴島。もうなにこの脳筋集団ヽ(*゚∀゚*)/www 冴島、いいこと言っていたのに、ジャケット脱いだ瞬間笑いが出るよ。組の枠を超えて「漢」にしていく冴島、格好いいよな←

冴島 「大事なんは兄弟に捨てられたかどうかやない」
冴島 「要は自分がそいつを好きでいられるか…」
冴島 それだけや」

真島に破門書を送り付けられた冴島だけど、真島のことはまだ信じてるんだな。いや、真島を信じた己を信じてるからぶれないのか。己の中心は常に己。だから外野に何を言われても、本人の口から確かめるまではぶれないし、真島が自分の信じた男じゃなくなってしまったら、その事実を静かに受け止める、ただそれだけ。お互いもう十分大人だしな。

勝矢の真っ裸親指腕立てシーンは何回観ても笑える(´゚艸゚)∴ 絶対ω床についてるよな…←やめなさい

桐生さんがくるとやっぱりシーンとして引き締まるな。

最終決戦の手前、やっぱり来るのはミレニアムタワー上半身裸の真剣勝負勝矢(45)、渡瀬(多分勝矢と同じかちょっと上。アラフィフ)、桐生(43)、冴島(47)いい大人が何をしているんだっていう気がしないでもない笑 勝者は今回の東城近江のケツを拭く。両組織をつぶしても構わないって。

桐生 「つくづく馬鹿な奴らだ」
桐生 「要は喧嘩がしたいだけなんじゃないのか、お前ら。」

今更、自分が一番「喧嘩に飢えていた」宣言をする霧生さんwwwΣ(゚Θ゚)えぇwwwそうなの!?Σ(゚□゚(゚□゚*)www 永洲での山笠組と東城会の抗争でキレたのかな笑

結局戦いの末立ち上がれるのは東城会関係者の桐生さんと冴島。しかも黒幕、卑怯にも対岸から射撃で二人を撃つwww 桐生さんにしても冴島にしても「世間知らず」な所があるから、自分の大切な世界、東城会の敵対勢力の会長をずっと知らなかったっていう落ちwww 渡瀬もびっくりやで。

人情派の渡瀬が人気なのもわかるわ。親父に裏切られる渡瀬の悲痛な叫びが胸を打つな。

大吾━ヽ(*゚Д゚*)/━ッ!!! いい所にやってキタ━(≧∀≦*)━ッ!!! 会長同士の対決胸熱

大吾 「これでやっと俺も、六代目って胸張って言えますかね?」
大吾 桐生さん

涙涙・゚・(つД`)・゚・涙涙 「四代目」と呼ばない所に、「親」からの自立が透けて見える…ってやっぱり後ろから撃たれた大吾www だから黒沢にも「爪が甘い」と言われるんだ。東城会には汚れ仕事専門のヒーローキャラがいないからこうなる。それに、自分がいることで周りが犠牲になってしまうことに自責の念を覚える桐生さんとかもう見ててつらい

遥とT-SETが限定ユニットDREAM LINEを作ったのは感動したけど、今まで散々嫌がらせしてきたのに、「一緒に頑張ろうね」って言えるT-SETの二人、強ぇわ

勝矢の病室から出た渡瀬が出会ったのが大吾の病室に向かう品田で、仲間を殺された時「復讐か夢どちらを取る」って聞かれた品田が間髪入れずに「復讐」って答えたのがいい。世の中きれいごとだけじゃ生きていけない。でも「その仲間が復讐を望んでないとしたら、そいつの分の夢を叶える」って言い切った品田はもう腐ってないな。

真島の存在ほぼ忘れとったわ。冴島は最初から最後までぶれないな。彼の脱獄した目的は「真島に会うこと」だけだったからな。遥の安全を品田に託す桐生さんとは大違いだな。本人心から遥の元に行きたかっただろうけども、彼は彼でもっと大きなものを守らなくちゃいけないか。

真島、お前本当に黒沢にただ痛めつけられただけなのか?黒沢の掌の上で喧嘩する親友同士、とか。しかも二人ともその道のトップの人間だぜ?えぇ…

真島 「俺にはな、桐生ちゃんの命より大切なもん…」
真島 「見捨てることはできなかったんや」

遥、遥のことか。切な 黒沢、いくら自分が肺がん末期だからって、今まで自ら拳で戦っていない上に、遥の命を盾に、真島と冴島を意味もなく戦わせるのか、なにこれ、悪趣味極まれりだな。しかも黒沢の頼みの綱は馬場ちゃんだったのか。

(品田と戦闘後、張り詰めていた糸が切れて
馬場 「なんでもっと早くに冴島さんに会えなかったんだろう」(さめざめと泣く感じで)

ライブ会場での馬場ちゃんの懇願に近い後悔が胸を打つな。この時の馬場ちゃんを救ったシーンが凄い好き。超法規的措置最高かよ

(馬場を連れ戻しに来た「仲間」を尻目に、自分の「居場所」をふと考える品田)
高杉 「帰ってこい、品田」

名古屋組に裏切られても、品田の「還る場所」は生まれた東京じゃなくて、たどり着いた名古屋なんだな。ゴムなし90分3000円のサービスって、みるくちゃんの愛情だね笑 萌えつぶも「落ち着く場所」っていったら生まれ育った場所よりも、今住んでいる所を選ぶかな。簡単に引っ越せるくらいの繋がりしかないけども笑

今回、大吾はまた背中から撃たれて意識不明に陥るんだけど、意識を取り戻すのが早かった笑 でも、決定的な見せ場は全て先代に取られちゃって可哀相だよな。萌えつぶはモサメン大吾押しだよ冴島の次に

黒幕黒沢のこの壮大な計画は、自分の地位を、血の繋がった息子に託すことだったwww 近江連合ってそんな血縁世襲制の組織だったっけ? しかもその息子、一緒に生活していなかったせいか、その件に関しは非常にドライwww えぇwww

(真島組の振りして騒ぎを起こした金井に対して)
渡瀬 「おどれらの敵は、この国の極道全員じゃ」
渡瀬 「近江連合は今日までただの一度も頭を下げたことはない
渡瀬 「それが近江が最強たる所以や」(サングラス外す)
渡瀬 「せやけど、今日だけは、頭下げさせてもらう!」
渡瀬 秋山はん!世話になった!

この山笠組、北方組、近江連合(多分東城会含む)が一挙押し寄せるシーンは圧巻だな。ここで渡瀬の土下座。組同士の揉め事にカタギを巻き込んだことに対する彼なりの「ケジメ」なんだろうな。東城会と五部の盃をまだ交わしてないのに、同じく頭を下げる斑目と北方には疑問っていうか違和感しかないけども、それが仁義なのかな。

それにしても、こんなこと言われた秋山、モノ凄いプレッシャーだよな笑

(東城会本部にやってきて桐生さんが目にしたものは)
相澤 「堂島会長が今の地位につけたのは」
相澤 「大幹部だった堂島組長の威光や四代目だったあなたの口添えによるところが大きい。」

相澤、大吾が実力で得た地位じゃないって真っ向から桐生に切りかかっていった。大吾の極道としての格好いい見せ場がないから、プレイヤーみんな本当そう思っ=◯)`3゜)∵

(桐生さんに出会った人間はみんな彼の魅力にひかれていく)
相澤 「それが生まれながらのカリスマっていうんなら
相澤 「そんなんだったら、ずっとアンタが東城会のトップをやってりゃよかったんだ」

だよね… 何年も前に極道から引退した人間掴まえて、倒せば天辺取れるっていう世界は終わってるよ…

桐生 「一つ教えといてやる」
桐生 「人間には才のある人間と、そうでない人間の二種類がいる」
桐生 「だがな」
桐生 「才のある人間の中に自分の才能だけで強くなったヤツは一人もいない」
桐生 「越えるんだ」
桐生 「人っていうのは乗り越えることでしか成長できねぇんだ」

この言葉、1から順番に遊んで来たらきっと重みのある言葉なんだろうな。相澤の成長のために服を脱ぐ桐生さん、漢だね。でもさ、「二度と乗り越えようと思えない力の差、味合わせてやる」って桐生さん言ったけど、アンタ引退したいのしたくないの?www 引退したのに自分を乗り越えさせる気のない四台目。

(相澤を倒した後で)
桐生 「這い上がれ、相澤」
桐生 「何年たっても構わない」
桐生 「這い上がってまた俺に向かってこい」

相澤は桐生さんを倒したいのもそうだけど、それによって極道の頂点にも立ちたいわけで。桐生さんが極道じゃないとその辺どうなんだとか。

そんなおっさんたちが遥の「夢」の舞台を裏から応援している中、デビューの大舞台で、「極道のおじさん」と自分の関係を暴露する世間知らず朴社長が守ろうとしてきたもの一瞬でぶっ壊すっていうwww 勝矢が言うように、次に勝矢に会う時笑顔でいないとこの芸能界では生きていけないって言葉、遥には無理だな。この子、芸能界向きじゃないよ。

そんな家族との離別を告白しつつも、後悔はしていないと言い切る遥。後悔してないんだったら大舞台でこんなこというか?じかもヤクザのおっさん連中が、遥の独壇場を見守るっていう…なにこれ笑うwww 桐生さんならまだしも、小娘遥を持ちあげすぎでしょうがwww

遥のアイドル以外の夢(大好きな人たちと一緒に幸せに暮らすこと)は、このステージで語っていい夢じゃない。今、遥がしていることは、T-SETの二人の夢に泥を塗ることじゃないのか?

遥 「この舞台に立って何が一番大事なのかわかりました」
遥 「だからこうこれ以上歌うことは出来ません」
遥 「私は桐生一馬の家族です」

このセリフのどこに感動しろとwww 人の大舞台めちゃくちゃにしてwww 日本ドーム初ライブの最中にTVで大乱闘をする桐生さんを見た後、遥、(テレビ中継も入っている)ステージ上で、大好きなおじさんを家族と呼んじゃいけない。それはおじさんが極道と呼ばれる存在だから、と。よwww この子何言っちゃってんの?(。Д゚; 三 ;゚Д゚) 私は、霧生一馬の家族ですドヤ( • ̀ω•́ )✧キリ」って言った遥はすっきりしたかもしれないけども笑 遥、勝手が過ぎるよ。ここ、桐生さんと遥の絆を感動的なスピーチで表したかったんだろうけども、明らかに失敗しているパティーン。大黒柱の朴社長が亡くなって、期待の新人もやらかして、朴社長の「夢」にとどめを刺したのかほかならぬ遥っていうのがまたなんともまた笑 ダイナチェアの終焉「自分だけの力で生きてるような道化」をなんとかお客様の前に形のなるようにして出さなくちゃいけない、マネジメントスタッフの気苦労を想像して同情的になるわ。

相澤との最終決戦を終えて、満身創痍の桐生さん、「帰るんだ、みんなが待つところに!」って、その体で沖縄には帰れないだろう。そのまま東城会本部にいた方がまだ、誰かに救急車呼んでもらえる確率が高いんじゃないのか?相澤との決闘で力付きかけた桐生さんの目の前にステージ衣装のまま現れた遥。

遥 「私はここにいるよ」

THE END



ナニΣ(゚Θ゚)コレ



これ、遥の幻影を見て、桐生さん、死にエンドじゃないの?www※次回作6で桐生編が最終になります。生きてます 個人的にはこの後ドームに残された人たちの後片付けが気になるわwww

ちょっと気になって6のダイジェストを見たんだけどさ、ナニΣ(゚Θ゚)アレ 桐生さんは禊をしてきちんとあさがおの子供達の家族だって誇れる自分になりたいって三年もムショ入りしたけど、それを極道に所属するチンピラの子供を孕んで全てぶっ壊した遥。遥の周りには桐生さん以外他に大人がいないのか。琉球一家はどうなってんの?

6ではメインキャラほとんどムショに入っていたり、登場しなかったりで、こんなの桐生編最終章だって認めねぇ。(´;ω;`) 唯一秋山だけが見せ場があったけど(さすが人気者。人気キャラで行ったら、真島の兄さんは出張ってくるべきだったよね、No.1男だもん)。ちなみに小栗旬キャラ格好よかったです照(クローズZERO、もう一回観たくなった) 宮迫さんもいい役もらったね。

凄い夢中になって久しぶりに台詞バレ感想も書いて、もういいな?龍が如く。そろそろ乙女に戻るか。いい気分転換になったよ。今度遊ぶ時は、シリーズでも人気の高いゼロ、極1、極2なので、楽しみです。しばらく時間空けるよ~

…ってあれ、夢、誰も叶えてなくない?www

※なげぇ笑 誤字脱字は後でチェックするよ~
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ゲーム  ジャンル : ゲーム

Comments






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

越えざるは紅い花

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon
ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2018