現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: NOVECTACLE

Comment (2)  Trackback (0)

ファタモルガーナの館 最終夜 まとめ。

本当は昨日UPしようと思ったんですが、言いたい事がありすぎて、上手く感想をまとめることが出来ませんでした…。プレイが終わって、暫く囚われる作品って早々ないよな…。

ファタモルガーナの館
Novectacle (2013-01-25)
売り上げランキング: 909
ファタモルガーナの館
(NOVECTACLE公式サイトへ。)

そんな作品がなんと!(定価最高値)税込で3000円以下で楽しめるなんて!! 曲が65曲(内歌曲35曲全オリジナル)もあって、普通のアルバムより安いよ!! エンタメの作品としてのコスパ、最高だよ!!

萌えつぶの気に入ったところを抜粋して、かなりネタばれたけど、最後の最後でもやっぱり世界がひっくり返り続けて、最後は呆然とほっとしていたっていう。ここで「救済(今更の白字反転)」を持ってくるのが凄いよね。これ、鬱エンドだったら、もう二度と同人ゲには手を出さない、と強く心に誓うところでした(笑) 受け取り方は色々とあるかと思いますが、少なくとも、萌えつぶの心は救われた。好きすぎて、勢いで「NOVECTACLE」カテを作るくらいはお気に入りのブランドとなりました。この出会いは大切にしたいです。

最近は乙女関連のものしか触れていなかったので、あれなんですが、サスペンスミステリー本だと、この手の内容は普通に年齢制限なく販売されているんですね。ただ、ゲームと本だとまたジャンルが違うので、同じに捉えるべきではないと思うんですが、全年齢って小学低学年も遊べるよって基準だと思うので、全年齢(CERO-A)でOKかというと、今までプレイしたゲームを考えたらどうかなと思ったのも事実です。冒頭でも述べた通り、萌えつぶ基準だとCERO-D、ですかね。C…でも大丈夫なのかな…。PCゲと家庭用ゲーム機のゲームって基準がまた違うんですかね。萌えつぶは同人PCゲの自由さが好きでした。

最後なので、ファタモルに対する想いを綴りたいと思います。ネタばれてます。怖いのヤダ、迫害ヤダ、ホラーだめ、流血だめ、な方は、ご自身の健康のために回れ右をした方がよろしいでしょう。「こまけぇこたぁいいんだよ」と思わないと、モルガーナの呪いにかかることでしょう…(⊙◞౪◟⊙)クククク…




(・∀・)____________☆白字反転ココカラ★____________(・∀・)

蓋を開けてみたら、「マイノリティー」な「普通の人々」の話でしたね。キャラクターだけに絞って言うなら、神聖的な存在やスーパーナチュラルな存在がいなかった所がまた面白い点でありました(信仰を通じての概念では「神」「天使」「魔女」「悪魔」とか出てきていましたけど)。キャラそれぞれ心に深く傷を負っている所、これでもかと容赦なく降り注ぐ悲劇が物語を深いものにしていたと思います。(世界観が急に現代っぽくなる所があったものの)途中途中のコメディー要素も好きでした。

<モルガーナについて>

本作タイトルからも明らかなんですが、彼女がこの「館」における全ての始まりです。モルは実は特別な力なんてない「ただの女の子」で、彼女の心のあり方そのものが「聖女」だった、この一文であああああと萌えつぶ、崩れ落ちたんです。ミシェルも何度も言ってた、「自分はただの人だ」と。「獣」も最初は「ただの人」だったでしょうね。でも、自分達とは違う存在を敬い恐れる民衆の心が、環境が、時代が、今回の悲劇を生んだのかな。誰しも、モルにもミシェルにも「獣」にもなる可能性があると考えたら、「他人の悲劇だから耐えてこられたんだよ」という一文がとても心に重くのしかかってきたっていう。

普通、「モルガーナさんち」だと「House OF Fata Morgana」を使うと思うんですが、この「ファタモルガーナの館」って、英語標記だと「House IN Fata Morgana」なんですよね。「全てがモルガーナの中に存在するもの」と考えた時、今まで見てきた扉、キャラクターは、モルの過去をベースとした想像の産物でしかなかったのかな、と思ったり。「救済」とは、その他のキャラに対して、というよりは、主にモルに対して使われていたのかな、とか考えますね。(「モルガーナさんち」にした時、「ファタ」ってなんやねんって疑問はこの際脇に置いといて←おい) 今調べたら、「ファタモルガーナ(Fata Morgana)」って「蜃気楼」という意味なんですね。語源はアーサー王に登場するモーガン・ル・フェイだそうです。ここでもまた登場したか、「アーサー王」。プリアサの時、お勧めの本を教えて頂いたのに、まだ読んでいません。長期休みに腰が上がるのかどうか。ということで、本作タイトルは「蜃気楼の中の館」と裏ヒロインの名前にかけたのかな。蜃気楼の中に見える街のように実体がなくとも、その存在は確認できる、みたいな。ああ、上手くまとまらないな…。

これは萌えつぶの妄想なんですが、死の間際の彼女の怨念じみた想いが「館」という形になって、彼女自身を閉じ込めた。その際、彼女のピュアな部分が抜け出て、各時代で幸せになるべくもがいたのかなとか(扉の中の出来事もまたモルの想像の中の産物で、各キャラがその性質を持って物語を勝手に紡いでいただけに過ぎなかったのかな)。「人を呪わば穴二つ」というように、モルがこの三人を呪うことで、その「呪い」が彼女にも返って来ていたから、「白い髪の娘」はどの扉でも幸せにはなれなかったようにも見えました。因果応報ですね。どこかでミシェルを「神聖な存在」として捉えていた彼女だから、ミシェル(=モルにとってはミカエル)に「救済」の役割を担ってもらったのかな。彼女の抱える「怨み」をどういう形であれ昇華させてあげなければ、彼女はこの館から開放されなかったのだと思います。

興味深いのは、ミシェルの扉(現実とされる第五章)ではどうして、「白い髪の娘」ではなく、モルがミシェルと直接関わったのか。モルにとってミシェルはいろんな意味で特別なんですよね、神聖なる存在として、ぼっち同士として、初めて孤独を紛らわしてくれた存在として。ミシェルにはジゼルがいるけど、ジゼル→→←←ミシェル←モル(→)←ヤコポ(時々モルのツンでヤコポが一生懸命デレようとするけど失敗、みたいなノリが一番おいしいと思うよ)って流れがいいですよね。

生前のモルに「特別な力」がなかったように、死後のモルにも特別な力なんてなかったのかもしれませんね。あれらの物語は、なるべくしてなった、というか。人の本質と言うのは早々変わらないという設定なので、モルがいなくても、遅かれ早かれそんな結末を迎えていた人達だったのかもしれません。責任を取りたくないメルに実の兄へ懸想していたネリー、心に狂気を宿したユキマサに彼を信じ切っているポーリーン、肝心なところでヘタレなヤコポに気性の荒いマリーア。

モルに対して行った三人の所業は許されるものではないけれど、ミシェルの導きにより、三人の魂を解放したモル。例え彼女が過去を許さなくても、彼女が(いい意味で)自身の「呪念」を諦めることによって、彼女の魂は確実に救われたよね。彼女が「もういい」と思えたのは、ミシェルがきちんと彼女と向き合ったからで。彼らを解放する事によって、彼女もまた己の恨みの念から解き放たれたんじゃないかな。そして、モルに彼らを「解放」させても、「許し」を与えなかったシナリオもよかった。その方がとても自然だった。

「モルガーナの館」にどうして【ジゼル】が必要だったか。萌えつぶは思うんです、それはミシェルが彼女を必要としてたからではないか、と。「特別な人」の「特別な人」をも、自分の傍において、家族のように三人で仲良くしたかったモル。確かに、モルのジゼルにした仕打ちはなかなか酷いものでしたけど(でも、当人も「白い髪の娘」の「正体」は知らなかったわけだから、あれなんですが)、でも、そうすることで、ジゼルは彼女の傍にいてくれたでしょ?どんな形であれ、モルに向き合ってくれたでしょ?ジゼル→ミシェルの気持ちが曖昧なものになれば、モルは疎外感から孤独を感じずに、三人で仲良く出来たでしょ。彼女がいたら、ミシェルは自分の下に必ずやって来ると信じているわけだから、モルにはジゼルが必要だった、と。モルのミシェルへの気持ちは「女心」ではなく、もっと深い気持ちだと思います。だから、ジゼルに嫉妬は…しない、かな。したらしたで、可愛いけど(笑) そんなモルをやきもきしながら見つめつつ、ミシェルに八つ当たりするヤコポとか。萌 人気投票SSで萌え転がりました。有難うございます←

それにしても、ミシェル、元が■だったからか、女性キャラに対する態度に「男性性」は感じませんでしたね。草食系?だけど、女性に対して優しくする、とかなかったよね、容赦ないっていうか(笑) まぁ、エメとの体験があったから、女性不信になっていた部分もあったんだと思うんだけど。

(・∀・)____________☆白字反転ココマデ★____________(・∀・)

今まで歌詞はフランス語だと思っていたんですが、ポルトガル語だったんです…かね。でもなんでポルトガル語だったんだろう…。確か、「霧上のエラスムス」でポーリーン達の住んでいたところがポルトガル、だったような…。あ、ファタモルでもポーリーン達が住んでいた所はポルトガルだとすると…、「獣」の出自も併せて、なんて繋がりなんだろう…!! でも「獣」はシルクロードを通ってたどり着いたとか書かれていたなぁ…。海路ではなく、陸路で到達したのか…。

乙女ゲじゃないけど・・・(〃ノωノ)照
<萌えつぶ的萌えキャラ>

引きニート。 狂犬。 拗らせツンヘタレ。

乙女ゲにして攻略したいと思うくらいは好きでした。ミシェルのこの正面顔が綺麗だよなぁ…。(〃ノ∀`〃)=3ホゥ… サントラCDの顔を見た時から好きだったんですけど。あ、今見たら、サントラの顔の方が男らしくなっていますね。顔色がギリシャ彫刻色…w

(全曲+αがはいって1500円+税です。*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェマジデカッ!! コスト削減のために、歌詞カードがなしなんですが、公式サイトで無料DL可能です。もう、そんなことをやられちゃうと、買うしかないよね!!)

萌えつぶの中では狂犬M男の真ん中の人も好きだった。ヤンデレ枠に来いヤコポはなぁwww苦笑 乙女萌えの定番に「ツンデレ」という属性があるんですが、ジャンルが違う作品に出ると、こうも残念なキャラになってしまうのか、と笑いました(笑) いつも最大級の萌え所を持っているんだけど、全部生かされていないっていうwww 愛されるべき残念ツンデレ馬鹿野郎ですね。

女の子で好きなのは、ジゼルモルですね、やっぱり。ジゼルのスチルはそのふつくしさに度々魅入ってしまいました。モルはまさかのツン可愛なキャラで、そのギャップが、嗚呼溜まらん。( ゚∀゚ )=3ハフンハフン

この作品、悲劇が多かったですけど、萌え所もちゃんとあります。声がついてないとなぁ…と最初思っていた萌えつぶでしたけど、声なしで、ここまでの作品に出会えるなら、声ばかりに頼っている作品よりも、こっちの方が俄然好きでした。フルボイスでの発売記念には諭吉を気前良く派遣したいと思います。もちろん、予約しますよ~。ヾ(*´∀`*)ノ 萌えつぶのつたない語彙ではなかなか表現し切れていないファタモル世界の凄さ。これでも言いたいことは削ったので(笑)、気になった方は是非「ファタモルガーナの館」をプレイして頂ければ、と思います。

最近は基本(小説のレーベルにしても)制作会社に直接感想は送っていないんですけど(ネット上でひっそりきゃーきゃー言っているだけで。)、パラレルSS「セブンスコート」をプレイした後、是非Novectacleには感想を送らなければいけないと思いました(笑) プレイされた方にはわかって頂けると思いますが。ファタモルのパラレル作品ではこの「セブンスコート」が一番好きだったりします。(ハピエンではないですけど、ダクナイ(笑)の本気が、狂気が、凄かった。ネット社会における警鐘と自/殺のアンチテーゼみたいな感じで。プレイした後、どよ~んとならなかったのもよかったのかもしれません。)



最後に、ミシェル、男はサイズじゃないテクだッ!心の器がモノを言うんだ!ヤコポェ(笑) そして、末永く爆発しろぉぉぉ!! ヤコポ、素直になれよ!その萌え所、最大級に生かせよ!! ■■■■、首輪で繋ぎたい…です←

これで萌えつぶも「館」から解放されます。しばらくはゲーム以外で忙しくなる、そんな師走です。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ノベルゲーム  ジャンル : ゲーム

Comments


ファタモルガーナ、噂に聞いてすごく気になってました!
いつかプレイしてみたくて反転部分はまだ見ることはできませんが
プレイしたいリストに放り込みました!w
これはやはりホラー?になるんでしょうか。
声無しでも十分OKでも、いつか、声アリでとか、展開があるといいですね~!
攻略お疲れ様でしたー!
Re: 朔さんへ。
朔さん、確か鬱展開大丈夫でしたよね?ファタモルガーナ、【お勧め】です!゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚ 音楽で参加されている方が、「死神と少女」の音楽も担当された方らしくて、このゲームも気になってきました。でも、最後もにょっと終わるのはなぁ…と密林のレビューを見ながらずっと考えています(笑)

感想冒頭にも書きましたが、オカルト的なホラーではないですね。人間心理のえぐい所を持ってきた秀作です。体験版やパラレル作品が無料DL可能なので是非!とお勧めしたいのですが、ファタモル本編のネタバレが入っているかもしれません。ファタモルの体験版も、本編ではこれ以上の感動があるので、体験版で諦めずに、是非是非本編もプレイして頂けたら!と思います。

萌えつぶは、CDとかドラマCDとか設定集とかもうポチる勢いですが、完結していないと堪らない気分になるので、取り合えず、CDはポチリたいと思います(笑)

フルボイス化してほしいなぁ。萌えつぶは遊んでいませんが、「ひぐらしのなく頃に」みたく大きくなって欲しいですね。けいかさんの世界観が本当大好きで、巡り合って幸せです。ヾ(*´∀`*)ノ






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017