現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: NOVECTACLE

Comment (0)  Trackback (0)

ファタモルガーナの館 第二夜目。

実はまだ「序章」が続くファタモルの世界。

ファタモルガーナの館
Novectacle (2013-01-25)
売り上げランキング: 909
ファタモルガーナの館
(NOVECTACLE公式サイトへ。)

だって、まだヒーローが出てきてないじゃない!!www (触りチラッと出てきてたかな…ほんの1シーンだけ)

ここから先、核心っぽいものが出てくるので、いつにも増して真っ白です。ネタばれてます。怖いのヤダ、迫害ヤダ、ホラーだめ、流血だめ、な方は、ご自身の健康のために回れ右をした方がよろしいでしょう。「こまけぇこたぁいいんだよ」と思わないと、モルガーナの呪いにかかることでしょう…(⊙◞౪◟⊙)クククク…
【第4の扉 1099年】 偽りの最後の扉。

引きニート。

○ ミシェル・ボランジェ 引きニート。デスハンド。
○ 白い髪の娘 「館」に導かれた追われる身の「魔女」。

ミシェル、キタ━━━━o(*´∀`)○━━━━━!! この見た目で、ミシェルは男だったのか~~~~!?!?www 体格からしてまさかなぁ…と思いつつ、綺麗な顔をしているので、女なのかなぁ…とか。

ミシェルと白い髪の娘の穏やかな日々。そして知るミシェルの秘密。

なにこの淡い二人。(〃ノωノ)照 ミシェルに触れて欲しい白い髪の娘と彼女に触れることの叶わないミシェル。このゆったりとした幸せな時間の後に来る二人の不幸とは…そしてどんなどんでん返しがやってくるのか、わくわくドキドキしながら見守ってしまう。どうせ幸せになるのなら、「来世」ではなく「現世」で幸せになって欲しいものですが(前世ものは大好きだけども)

物見の塔では、触れることの叶わない二人の想いがまさに「触れ合った瞬間」ですね。そんな二人の淡い思いの影で語られる不気味な話。「ジゼル」が白い髪の少女?「私」は誰?

ピギャ━━((゚□゚;))━━ッ !!少女の顔にミシェルの返り血!!このシーンの表現は本当上手かったよなぁ…。ミシェルの呪いが「愛する者」には効かないのなら、なぜ白い髪の娘は弱っていった?プラシーボ効果的なもの?只の風邪だった、とか?えぇぇwww そりゃないぜ、神様。

ここから二人に散々悲劇が降りかかるわけですが、ミシェルのために、憐れなジゼルの願いをモルガーナは叶えます。これをね、「絶望」と表現したらいいのか、「希望」と表現したらいいのか、もう萌えつぶはわからん…。そして続く三つの扉の物語…。

_人人人人人人人人人人人人人_
> まだ終わりには出来ない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

最愛の人に会っていないんだもの。絶対ミシェルとジゼルのハピエンが見たい!

二人の間にはたくさんの辛い出来事があるとわかっていても、自分の意思を取り戻す事を強く望む「私」はジゼルを真実に向き合わせようと解く。愛する彼女のために。

(・∀・)____________☆白字反転ココカラ★____________(・∀・)

偶然発見したんですが、この扉のバックログ、ある一部分だけ、読めてたはずのテキストが■■■■で隠されているんですよね。(気が付いたのが【第4の扉】で物見の塔に登った時かな) そういう演出だと知った時は本当面白いなぁと思いました。もしかして他の章にも組み込まれていたのかな。

これはミシェルとジゼルの物語でもあり、ミシェルとモルの物語でもあったと思うんです。モルもミシェルには「特別」に受け入れて欲しかった、愛して欲しかったのだ、と思いました。萌えつぶ、上手く言葉が出てこないですけど、この三人の関係の場合、「愛」という言葉が酷くチープに響くんですよね。「愛」よりも、もっと深い所で繋がっている関係だと思うので。

白い髪の娘は彼の殻を大事にする優しさを、ジゼルはその殻を溶かす優しさを持ったキャラクターだったのではないかと思うんです。だからこそ、ミシェルの救済には、「白い髪の娘」ではだめだったんだと思います。月の光のような笑顔を持つ彼女よりも、春先の太陽のような笑顔を持つジゼルでなければ、彼は救われなかった。彼、何かあったら、他人よりも自分を攻撃しちゃうような人でしたから。

この章は本当混乱しましたね。今まで見てきた章で何度もどんでん返しがあったので、これもそうなのかと思ってはいたんですけど、今までの流れからしてジゼルってあの人でしょ、と思っていたのに、白い髪の娘が「ジゼル」になっちゃうし。結局「私」は「誰」で、「あんた」は誰よ?と混乱をきたしてしまってw でも、ミシェルは「真実」をだんだん思い出していくんですよね。この扉は結局は、現実の二人の事実を多少織り込んだモルが見せた「偽り」の記憶でしかなかったんですけど、でも、白い髪の娘の正体を知った今だから思うことですけど、この扉はモルが体験したかったことではないかな、と思うんです。特に白い髪の少女が体験したミシェルとの穏やか時間は彼女が望んでいたものだっただろうに。この扉でミシェルに「死の力」を付加したのは、ジゼルに触れて欲しくなかったモルの「女心」かな、と思ってみたり。この扉の「白い髪の少女」は「ジゼル」ということになっていますから、例え偽りの記憶だとしても、二人を結び合わせる訳にはいかなかったんでしょうね。


(・∀・)____________☆白字反転ココマデ★____________(・∀・)

【第5の扉 1099年】 ジゼルの真実
今までの4つの扉は前菜で、ここからだんだん本番になっていきます。

ミシェルとジゼルの本当の出会いが笑えるw

○ ミシェル・ボランジェ ツン。日光アレルギー。アルビノ。ペシミスト。ひきニート。
○ ジゼル ずけずけ踏み込むのは彼女の虚勢か?表情豊かな天真爛漫な女中。
○ アメデ 死にかけのジゼルを助けた狩人。

現実に起こった出来事と第四の扉で起こった出来事を照らし合わせると笑えてきますね。ジゼル、ミシェルに木箱を手伝って欲しかったんだな、とか、本を一緒に読んで欲しかったんだな、とか。

嗚呼、天真爛漫なジゼルにはそんな過去が…(´;ω;`)ウゥゥ 希望を失ったジゼルに差し向けられた一杯のホットミルクはまるで、首都を離れてから初めて彼女に与えられた暖かさのようで。

(ミシェルにナイフを向けられた事に対して)
ジゼル 「例えあなたが、実際に傷を負わせなかったとしても…」
ジゼル 「別のところに、傷を負うんです。人という生き物は傷を負いやすいんです!」
ジゼル 「…謝ってください。」
ジゼル わたしに…謝って。」

ジゼルーーーーーッ!!。・゚・(*ノД`*)ウワァン・゚・。 自身の惨い心の傷跡を曝け出しつつも、ミシェルに気丈に謝罪を求めた彼女はスタンディングオベーションもので!!大好きだよ~。

ミシェル、まさかの乗り突っ込みwww

ミシェル、腕相撲瞬殺敗北wwwジゼル、つえぇな。女中、舐めんな。って、ミシェルは頭脳派なの!!www

ミシェル 「たとえ私たちの過去が幸福ではなかったとしても…(二人が出会えていない)今より不幸な事は…ない。」

ミシェルのジゼルを求める気持ちの強さにときめくな。.+゚*。:゚+( ノ∀`)ポッ.+゚*。:゚+ 当時の二人を知っていると、現在の「館」の中のミシェルはデレだな。

乙女展開だと、うっかりパイタッチにはスチルがあるものなんですがwwwないですよねぇ。( ;∀;)ウヒャ←

(・∀・)____________☆白字反転ココカラ★____________(・∀・)

ファタモルの世界では基本全員が死んでいるんですが、それにしても、ジゼルから見たミシェルの最期は壮絶でした(ミシェル視点だともっと壮絶なんですが。) この扉では、自分を全て曝け出すために、ジゼルがミシェルの前で全裸になっているんですが、この時のスチルが綺麗で(特に鎖骨、肩のラインが好きですね。細かいですか、そうですか。)

乙女ゲーマーとしては、もっとラブさを求めてしまいましたが、拗らせDTミシェルにとっては、肉体的な癒しよりも、精神的な癒しの方が重要だっただろうね。でも、チッスくらいはしても良かったと思うよ、27歳←

上記で触れなかったですけど、アメデのKSップリにはもう反吐が出るって言うか。ジゼルに気があるそぶりだったのに、彼女に見向きもされていないと分かった途端、あんなことしちゃいますからね。L(゚皿゚メ)」プンスカピー この、村人に対して一喝したミシェルは格好良かったよ。最弱VIT値でも、ヘタレでも、「男」みせたね!゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ


(・∀・)____________☆白字反転ココマデ★____________(・∀・)

【第六の扉】 「女中」の「人生」。

お人形。

(長い間ミシェルを待ち続けるジゼルに対して)
モルガーナ 「愛と執着は紙一重、だと」

ジゼルの持っているものは、「執着」というには余りにも悲しすぎる感情で。

1591 ローズ家到来。ローズ家のじいさん、いい奴じゃないか。(´ノω;`) (本人が望んだことだったにしても)それが孫にはあんな風に伝えられているんですね…。(´ノω;`)

ジゼルの真実を聞くと、今までの女中の何気ない一言が本当辛いな。

1707 女中の笑みが悲しすぎるものに…。

白い髪の少女 「…私、貴方とあったことがないでしょうか?なんだか懐かしい気がして…。」

この一言に泣いた!!。・゚・(*ノД`*)・゚・。 以前は素通りしていたようなそんな一言に一々泣けてくる!

女中 (白い髪、赤い瞳、そしてミシェルという名…)
女中 (どうしてあなたはわたしを救うばかりか…)
女中 (苦しめ続けるのでしょうか…)

ジゼルゥゥゥゥ。・゚・(*ノД`*)ウワァァァァァァァン・゚・。

1863 ミシェル 初めまして

あああ、この一言の醸し出す絶望と言ったら!!

そうしてやっと出会った二人。でゲーム冒頭ですよ。

どんなことがあっても…
何が起きても…
もう二度と…
この手を放さないで…

もう全ての言葉が違う風に重さを増して心に響くんですよね。切ない、せつな過ぎる。

長い長い時間の中でジゼルは自分を見失い、一番大切な想いを見失い。ミシェルはそんな彼女をミシェル・ボランジェという男の元に繋ぎ止めるべく試みようとするも、ミシェルの反応がほんの一瞬遅かったばかりに、ジゼルを時の迷路から自分の下へ導くことができず。只暗闇に突き落とされる。二度と愛しい人をこの胸に抱けないような遠い遠い闇へと墜ちて行く。ED4 躊躇

ミシェル、
_人人人人人人人人_
> 躊躇うなよ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

ミシェルは分かっているんだかいないんだか。過去に自分が犠牲になって彼女の「自由」を願った先には一体何があったのか思い出せ。気の狂うような途方もない時間だよ。それをまた自分がモルガーナの手先になることでジゼルに課そうとするのか。(メ゚皿゚)フンガー

(・∀・)____________☆白字反転ココカラ★____________(・∀・)

白い髪の娘の名前は、きっとモルがミシェル(=神の子、天使(と少なくともモルは思っている))になりたかったから、ですよね。この時はモルも白い髪の娘は「ミシェル」だと思い込んでいるから、ジゼルの絶望を上手く引き出すことに成功していますよね。モルは、ジゼルにもミシェルにも側にいて欲しかったんだな。寂しいよね、一人でいるのは。

本当、この章は萌えつぶの心を締め付けてくれましたね。たった一言の破壊力と言ったらなかったよ!!打ちのめされました。お見事!


(・∀・)____________☆白字反転ココマデ★____________(・∀・)



これでも凄く削りました。明日はもう…萌えつぶは感じた事を書きたいんだけど…どう表記したらいいのか。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ノベルゲーム  ジャンル : ゲーム

Comments






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017