現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 乙女系ノベル

Comment (2)  Trackback (0)

偏食吸血鬼と、キラキラ狼。

ゲーム熱が本当どこかに逝ってしまったので、引き続き、人外ファンタジーな作品の紹介です。

岩代さんの作品は既にたくさん掲載されていて、その内の数作を読んだのですが、どれも読ませてくれた素敵な作品ばかりです。そして何より、ずっとずっと記事にしたくて、しょうがなかった作品があります。萌えつぶを人狼萌えに目覚めさせた作品です。人並み外れたパワーを持つ心優しい口下手吸血鬼ワンコ系人狼の話です(でも、人狼です。大事なことなので二回言います)。自分の月光での感想を見たら、作品を知ってから実に約四ヶ月は経っていたことに驚きました。最近な気がしていたので(笑) ツイの方では既に紹介してはいたんですが、今回満を持して、ブログに掲載。いやいや、そんな大それた感想じゃないですよ?只の読書感想文ですよwww(*´v`*)

「人狼」というとですね、萌えつぶが強烈に思い出す作品があるんです。

人狼 JIN-ROH [Blu-ray]
人狼 JIN-ROH [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.09.28
バンダイビジュアル (2008-07-25)
売り上げランキング: 20,188

押井守監督の作品です(本作の監督は押井監督ではないんですが)。タイトルがまんまなんですが、いつもDVD屋さんに行くと目に付いていて、日本のアニメが堪能できるなら、と手にとってみても、キャストが知っている方ではないのと、戦争が背景になっていることで、いつも手にとっては棚に戻す、ということを繰り返していたんですね。切ない終わりが苦手なのもあって、現在もまだ実際に観るに至ってはいないんですが、ネーミングが強烈で。戦争ものが苦手なので、今でも見れるのか定かではないんですが。(=`ェ´=;)ゞ (日本ではあまり話題になっていないアニメが店頭においてあったりするので、驚くことが多いですね。中の人は知ってたり、知らなかったり。店頭にあるのはテレビ化されていないアニメが多いから、かな。映画とかOVAとか。もちろん子供向けのアニメは普通にあります、ポケモンとかドラゴンボール、とか。)

そんな潜在意識の元、「人狼」=「シリアスで切ない」という刷り込みがあったので、人狼属性には触手が動かなかったんですが、今回、岩代さんの作品は短編からの導入でしたしね、読んでみたらとても面白く、今まで抱いていた「人狼」のイメージが(いい意味で)覆って、今じゃ、「人狼」ひいては(その後読んだ素敵な作品達の影響により)人外萌えをこじらせて現在に至ります(長)

萌えつぶの苦手意識を変えてくれた人狼キャラがここにいます。

○ 岩代さんのなろうページ
(安心安全全年齢サイト)
○ 岩代さんの月光ページ
(年齢制限のあるサイトです。年齢の満たないみなさんはご自身のためになろうサイトにてご自身の最適萌えをお探し下さい。)

萌えつぶは基本月光の女性向け作品を主に読んでいて、その作家さんが気に入ったら、なろうページも読むスタンスなんですが、岩代作品を知った時、作者月光ページにはかなりの作品が完結済みになっていたので、小躍りした事を覚えています。最近紹介してきた作家さんの特徴として、(個人的に)主人公キャラが好き、序盤から弾き付けられる文章センス、切なさがいいスパイスになっていて、勿論ハピエン、が上げられるんですが、岩代さんの作品も例外なく、短編で引きつけられ、気が付いたら他の作品も次々読んでいた、っていう。萌えつぶ、ヒーロー属性は結構何でも萌えるので(正統派から癖のある変態まで←)、作品を読み進めるために重要視するのは主人公キャラが多いですかね。(最近は短編作品がその作者を知る足がかりとなっています。)

萌えつぶ、自分の好きなジャンルは現代もしくは近代の和物(登場人物:日本人)だと思っていたんですが、最近は萌え幅も広がり、本当何でもこいって状態になっています。ファンタジー系、食わず嫌いしなくて良かった、と最近特に思います。ヾ(*´∀`*)ノワーイ

この「偏食吸血鬼と、キラキラ狼」は「魔物の森シリーズ」に含まれていて、関連作品は以下。(岩代さんの月光ページからどうぞ。)

○ 偏食吸血鬼と、キラキラ狼 【短編】
○ 鳥飼いの復讐者 【短編】 (「キラキラ狼は偏食の吸血鬼に喰らわれたい」の中に軽く加筆されたものが掲載されています。)
○ キラキラ狼は偏食の吸血鬼に喰らわれたい 【全24部完結済】
(※現在同シリーズで「蛇王さまは休暇中」が連載中ですが、なんと本感想文を書いている間に完結、とか!!驚 この作品がどうキラキラと関わってくるのか、世界観だけ共有しているのか、読むのが楽しみですね。)

人狼属性って基本なんなのさって所から始まった今回の読書。口下手なラクシュの事を分かっているアーウェンのキラキラ具合がいいよね(笑) 「ラクシュさん、好き♪好きッ♪だぁい好き♪」っていうw 只のワンコかと思っていたら、己が決めた唯一の番ラクシュに対する過度な過保護系執着を醸し出したアーウェン。犬じゃなかった、やっぱり人狼だったよっ!w そして自身でコントロールできない怪力でオイタをしたアーウェンを躾けるラクシュ。アーウェンすっかりペット扱いwww この二人、本当好き。

ラクシュの裸エプロンならぬ、裸靴下って格好が、今までの作品でありそうでなかったwww 何だろう、この気持ち(笑)(〃ノωノ)

短編「偏食吸血鬼と、キラキラ狼」で二人が気に入り、続編?番外編?の短編「鳥飼いの復讐者」でラクシュとアーウェンの物語に切ない暗雲が立ち込め、連載の前半ではいつもの二人のやり取りににやけつつ、怒涛の後半部分で、いやぁ、やっぱり泣いたよ、号泣(笑) いいエンディングだったよねぇ…。(〃ノ∀`〃)=3ホウ・・・ ああ、このまま綴っていったら、普通にいつものネタバレ感想になってしまうので、興味のある方は、とても面白いので、是非みなさん、読んで~。(*っ´∀`)っ ゜+。:.゜ドウゾドウゾ.:。+゜

読まれた方は、もうちょっと萌えつぶのネタバレ感想にお付き合い下さい。感動したところをズバッと書いています。年齢満たない、ファンタジー興味ない、人外無理、な方は回れ右でよろしくお願いいたします。「こまけぇこたぁいいんだよ」って思わないと、ラクシュ以外の吸血鬼達がお迎えに来ちゃいますからッ!!(やっぱり前振り長いよねw)




<登場人物ネタバレ属性付>

○ ラクシュ (キルラクルシュ) (萌えつぶ脳内CV : 谷井あすか) 凄い能力を秘めている心優しい吸血鬼。自己犠牲の子。極端な口下手でズレているけど、しっかりもしている。本人は至って真面目。彼女の伝説が先走りすぎで、これが後の災いの元になる。CVは「さよなら、絶望先生」の小森霧ちゃんのイメージ(見た目違うけど。)(もしくはちびまるこちゃんのTARAKOさん、とか。あの舌っ足らずな感じが。)ラクシュは、中身はもう何十年、何百年も生きている、アーウェンよりも大分年上の、見た目ロリ(笑) このギャップが堪らなかったりしますw
○ アーウェン (萌えつぶ脳内CV : 三酉) おかん系わんこ人狼少年。…いや、青年、かな。人狼の本能は凶暴性。怪力。声は18禁PCゲ「トリック・オア・アリス」のラウンドのイメージで三酉さんです(今思ったんですけど、「酒」のもじりだったんですね)。「キラキラ狼」っていうのが、夜目を持ったラクシュから見たアーウェンのことなんですが、アーウェンの見た目のイメージは、「英国探偵ミステリア」の小林少年…っていうか、ワトソンJr.っていうか、そんな見た目を想像していましたね。
○ クロッカス (萌えつぶ脳内CV : 平田広明) 九尾の猫。ニヒルで飄々としたフェロ猫ってかエロ猫(笑) アラフォー。登場した途端、声は平田さんが浮かんだんですよね。物語が進むにつれ、格好良さがにじみ出るキャラです。イメージで言うと…TIGER&BUNNYのおっさん、虎徹ですかね。
○ ディキシス (萌えつぶ脳内CV : 梶裕貴) 鳥飼の青年。いろんなことを背負いすぎてる。打倒キルラクルシュ。無口ツンデレ?萌えつぶの中では、ディキシスは結構純情ボーイ。
○ レムナ ディキシスのハーピー。ディキシスが好き。ディキシス命。

萌えつぶ、こんな愛に飢えてる心優しい偏食家の吸血鬼を知らない。短編から本当に良くできていて、再読した今も泣けるし、泣いたよ(笑)(〃ノ∀`〃)ポッ 二人のお互いを思う気持ちが優しくて、熱い

仲間のために戦ってきたラクシュが知った残酷な事実。容姿が変わるくらい絶望したラクシュが下した結論、それは、「ごはんを買いにいく=困っている魔物を助けて、好きになってもらって、進んで血を吸わせてくれる魔物捜し」この時点でもう泣けるんですが!!。・゚・(*ノД`*)・゚・。 そして奴隷市場で出会ったラクシュとアーウェン。

> 小さな人狼少年が、ラクシュを好きになって、喜んで血を飲ませてくれるように、一生懸命優しくしようと思った。

それでも、心優しくて臆病なラクシュは、過去のことがトラウマになって、好きなアーウェンに嫌われたくなくて、10年、自分の健康と引き換えに、「飢え」をやり過ごしてきたんですね。そして、【短編】が始まる時には、きっと一人死に場所を求める旅に出ようとしたのか、それとも…。そこで、自ら指を噛み切って、ラクシュの口に突っ込んだアーウェンに鳥肌が立ちましたね。アーウェン、゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚GJ!!

本当、二人の事後の次の日、アーウェンが頑丈な人狼で本当に良かったと思いました。次の日、元気なアーウェンを見て、ラクシュがどんなにほっとしたことか。。゚(゚´Д`゚)゚。

こんな素敵な短編を見たら、続きを読むしかないでしょー!!ってことで、読んだ「鳥飼いの復讐者」がもうね…。(´;ω;`)ウゥゥ ディキシスが過去に経験したキルラクルシュとの事に関しては、第一作目で本当のラクシュの事をもう知っているから、誤解だってわかっているんだよ。でも、あの状況下では幼いディキシスには彼女が本当はどんな吸血鬼で、何を思って彼を追ってきたのか、わからなかったことで。人間を辞めるしか彼が本懐を遂げる方法がなくて…。彼の相棒ハーピーの習性も切ないんだよな。レムナはレムナ自身の心でディキシスを好きなのか、初めて見たのが彼だったから、刷り込みのような感じで「好き」と錯覚しているのか、ディキシスには分からないし、孤独で臆病な彼は後者である、と思い込もうとしているんですよね。レムナの好意はハーピーと言う種族の本能のようなもの、と、本気に取らないディキシスとの焦れ焦れ感が本当堪らない

これを読んだら、「キラキラ狼は偏食の吸血鬼に喰らわれたい」も読むしかないデショーガー!!www そしてとうとう出会う4人(ラクシュ、アーウェン、ディキシス、レムナ)

「そうだ 街に行こう」では、アーウェンの自家発電行為に゚+。:.゚(*゚Д゚*)キタコレ゚.:。+゚と思い、ラクシュのデート計画失敗の妙に、上手いなぁと思いました。ラクシュ、ポイントポイントはきちんと抑えているんだよねw 好きな人からもらったものを身につけ、一緒に町をぶらつき、食事をして帰路につくっていうwww 極めつけにおしゃれまでしてたラクシュが可愛い。( 艸`*) でも、意図が全くわかっていないアーウェンの誤解の仕方も、分かりすぎるくらいわかってwww 

(アーウェンはラクシュの全裸が苦手と思っているラクシュ)
ラクシュ 「靴下、は、脱がない」

(*;゚;艸;゚;)ブハン だって、この時のラクシュのドヤ顔が見えるんだものwww 可愛いデショーガッ!!ヾ(≧∀≦*)ノ〃キャー 靴下履いてちゃ、他何も身に着けてなくても、全裸じゃないという言い分www 靴下は最後の砦。ラクシュの怒り方は可愛い。

(血を飲みたくても、過去のトラウマからかアーウェンに嫌われるのが怖くてなかなか言い出せなかったラクシュに対して)
アーウェン 「無理して言わなくても良いですよ。ラクシュさんが言えなくても、こうやって俺が気づいてみせます」

不器用キャラの相方には、こうして気づいてくれる空気読み検定免許皆伝くらいのキャラがいいよね。彼も過去の傷が未だに癒えていないから、ラクシュが詳しい過去を言わなくても、きちんと分かってくれるんですよね。そして、人狼だから、臆病故に逃げようとするラクシュを捕まえておけるすばやさと強さを持っていて。ここは本当に感動した。

そして、ラクシュはきちんと躾けのできる子。二人のお風呂のシーンは笑ったなぁwww 攻めのラクシュ、なんだものwww 可愛いったらないw そして切なさを絡めてくるところが好き。アーウェンのことが好きだから、何かあった時は、故郷を去った時のようにいなくなるのではなく、きちんと叱ってずっと一緒にいるって言うラクシュの想いがよかった。

前半はこんなにほのぼのとした展開なのに、ディキシスが絡んでくる辺りから、一気に盛り上げてくるストーリーライン。クロッカスは大変な事になっちゃうわ、吸血鬼の仲間が襲来(ってかお迎え)に来ちゃうわ、ラクシュの能力が大爆発しちゃうわ、アーウェン、いろんな意味で堕ちて逝っちゃうわ、アーウェンv.s.レムナのシリアスバトルが展開されちゃうわ、本物のキルラクルシュを目の前にした時のディキシスの反応はどうなっちゃうの、とか、もう目が離せない展開てんこ盛りで、本当面白かったんですよ。

「血のように紅く 闇のように黒く 雪のように白い」で、ラクシュが「めっ」って言った後に(みんなを巻き込むように)能力を爆発させたのは、みんなを止めるため、でしたね。喧嘩両成敗っていうか、その場を去るのではなく、留まり見守る愛に変わったっていうか…、アーウェンの影響で、彼女の「思いやり」の表現の仕方が変わったのかなと思いました。以前の彼女なら、自分という存在がこの状況を起こしたのなら、ひっそりとその場を立ち去ったと思うんですよね、今度こそ本当に「この世から」っていう勢いで。でも、違った。愛、だなぁ…(ノ∀`*)ホッコリ

「地獄へ道連れ2」は名シーン揃いで、もう何を上げたらいいのか…。

オリヴァの最期も良かった。泣いたよ、ラクシュを「仲間ではなく、ただの番犬だった」って言った時の彼の本当の想いを想像して。彼、最期の最後にラクシュを開放してくれたんだよね。族長としての、彼のキルラクルシュに対する想いとは一体どんなものだったんだろう…。この世界の中の吸血鬼は「情に薄い」っていうか、本当嫌われ者として描かれているんだけど、同属に対してはどういう想いを抱く種族なんだろうか。いろいろと深く考えるのは萌えつぶの悪い癖なんだけども。個人的には、オリヴァはラクシュに対して歪んだ感情(愛情なのかなんなのか本人も理解していない気持ち)を向けているキャラだったら、いい悪役だよな、と思います(笑)

ディキシスは、ラクシュの事を知っても、キルラクルシュに対する憎悪を止める気はなくて。そうしないと、自分が自分じゃいられなくなるから。

ディキシス 「こんなバカげた話があるか!!」
ディキシス 「お前だけは……絶対に、救ってなんか、やるものか」(たぶん声を絞り出すように)

ラクシュの「生まれ変わったら、野菜になりたい」と言った時。彼女の真の心にディキシスが触れた時。ディキシスが、どんな想いで己の短くない半生を生き抜いてきたのか。それらを全て感じて考えて、そして出てきたこの一言が本当に胸を付きました。そして、彼が次に取った行動で、既に溢れていた萌えつぶの心のダムが更なる大決壊を迎えてwww。・゚・(*ノД`*)・゚・。 ディキシス、大好きだよ~~~



本当、ここまで読みきるのにあっという間だったな。細かい事を上げるなら、もっと言いたい事はあるんだけども、本当涙を流しながらも、読むのが止まらなくて、再読なのに(笑) 平日に読むのは極力短編だけにしていたんだけど、初見時は、週末はどこにも出かけずに読みきった(笑) 夢中になると、それ一筋になってしまう不器用な自分が呪わしい。でも、事前に食料を買い込んでいたので、世界観にどっぷり浸ることが出来て幸せでした。(〃ノ∀`〃)ポッ

岩代さんの作品の中でもう一つ好きなのをあげるなら、「毒姫に捧ぐ前奏曲」の話、ですね。「毒姫」の作り方も、(´・ω・`)ホオホオφ(・ω・ )メモメモ←と思ったんですが、周りのビアンカに対する優しさが好きでした。

岩代さんの作品は平日の夜に読みきれる中編が結構あるので、短編だと物足りない、長編は読みきれない、という方に是非お勧めしたいです。

ラクシュとアーウェンの話は今のところ全て完結、となっていますが、機会があれば、二人の話をもっと読みたいなぁと思うくらい、二人が好きになりました。何十作も乙女向け小説を読んできましたけど、裸靴下のヒロインはラクシュだけ!(笑)

岩代さん、素敵なキャラ、ストーリーの掲載を有難うございました。これから、残りの作品を大切に読ませて頂きますね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : R18要素あり恋愛小説  ジャンル : 小説・文学

Comments


こんばんは、萌えつぶ。さん

これ!私読みました!!!グッと来ますよね、この小説。
ラクシュの気持ちもアーウェンの気持ちも、切なかったりして涙して読みまし
た。
何度も読み返したい、そんな気持ちにさせてくれるお話しですね。

私はラクシュがアーウェンのキラキラが眩しくて、でもそれが無いと寂しく思ってしまう所が好きです。
それにラクシュのアーウェンへの気持ちが詰まっているように思います。
ここでゴーグルか!と驚きもしましたけど(笑)


あ、私的にはアーウェンは、少し低めの声の代永さんでしたw
Re: のりこさんへ。
ヾ(≧▽≦)ノ゙キャー のりこさんも読まれたんですね!! 本当最高ですよね、この作品。再読しても泣きました←

そうそうあのゴーグルも笑いました。物理的に眩しいんだ(笑)、と。真顔なラクシュが笑えます。( 艸`*) そして、デートにはあの可愛らしいアップルグリーンの服を着ているのに。アーウェンのきらきらはラクシュにとってのアーウェン健康パラメター的なこともあるんでしょうか(笑)

オォォッ( ゚∀゚ )!!! 少し低めの声の代永君、いいですね。つい最近遊んだカヌチのヒノカを思い出しました。ちょっとインテリっぽくて、アーウェンとはキャラ属性が違いますけど、ヒノカにワンコ属性を加えたら、アーウェンになるかもしれませんね。






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017