現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 月影の鎖

Comment (0)  Trackback (0)

月影の鎖 -錯乱パラノイア- 榛名望 感想。

めぐみちゃんの憂いた表情が好きな榛名。なんか、今までのルートを考えたら、UTMの瀬名系?(;´・ω・)ゴクリ

月影の鎖 -錯乱パラノイア-
拓洋興業 (2013-04-18)
売り上げランキング: 1,441
月影の鎖 応援中!
(月影の鎖 -錯乱パラノイア-公式サイトへ。)

成瀬さん、萌えつぶの印象として、年下声なんですが、フェロモン駄々漏れボイスです。同い年の榛名が月影最年少(でもめぐみちゃんと同い年設定)なのにエロ担当(笑)ありがとうございます。

榛名は、飄々としているのにカマってちゃんで。望月ルートでは、めぐみが自分の思うようにならないと辛辣な態度で接してきましたね。

舞台が大正時代のような設定なんですが、榛名の見た目がどうしても浮いてて…汗 彼の格好が「大正ではない」様な気がします。良く見ると着物っぽい名残もあるんですが…。そこが唯一残念でしたかねぇ。(||i゚Д゚)ガーン

これより先、滾っております。萌えつぶの心の平穏の維持のため、すごいものを吐き出しちゃってます。言葉遣いがなっていません。酷いものです。お子さんには聞かせられないでしょう。しかも長いです。字も小さいし。二次元だしねッ!ということで、ネタばれだめ、鬱ゲーだめ、(主人公含めた)ヤンデレだめ、低糖恋愛だめ、いじめだめ、差別だめ、この世界観が盲目的に好きすぎて、肯定意見しか認められないという方は、回れ右で宜しくお願いいたします。「こまけぇこたぁいいんだよ」って思わないと、紅霞市に島送りにしちゃうんだからッ!みなさんでゆるぅくわいわいきゃっきゃうふふをしましょうね。.+゚*。:゚+( ノ∀`)ポッ.+゚*。:゚+




<かまってちゃん 榛名望 (CV : 成瀬誠)>

♥♥ 【身は引けない、奪いたい】 住民の謝罪はどうした、エンド
♥♥ 【愛朽ちつ沈丁花の誘惑】 二人だけの世界エンド
【私は生きるべきじゃなかった】 心中エンド
【一番幸せな結末】 君のことなんて大嫌いだよエンド

(登場して最初のシーンにて)
榛名 「君以外に女作る気ないから。」

最初から物凄く押せ押せです。この殺伐とした世界で、こういうの、待ってた(笑)セオリー通りに行くなら、本当気をつけなくちゃいけないキャラです。何するんだろう。されるんだろう…。

榛名はめぐみちゃんのことを「解けかけてにび色になった雪の上に乗せられている金魚」だと言います。これは、周りに馴染めず、雪が解け、馴染めそうな頃には死んでしまう(どうあっても馴染めない)、という意味なんですが、周囲とはどうやっても馴染めそうもないめぐみちゃんだからこそ、彼女が持っている特異性に惚れているんでしょうね。

雨で濡れた体を、めぐみちゃんに素直に拭いてもらっているシーンはいいですね。自分で拭けるのに、拭いてもらってる。そういう特別感がいいね。髪留めを外した榛名が、水も滴るいい男、な件。榛名、コンタクトにした方がいいよ←

(ハンカチを持っていないのかと聞かれて)
榛名 「こんなことがあっても、君が傍にいてくれれば拭いてくれるでしょ。」
(いつもいられるわけではないと言ったら)
榛名 「そんなこといわずに、傍にいてよ。それで全部解決するよね?」

この構ってちゃん振りがなんともいいね。(*`艸´)ウシシシ 望月ルートにはなかった糖分が♪

榛名にとってのめぐみちゃんって、言い寄っても言い寄っても一向に靡かないツン子ちゃんなんですね。そんなつれない君が好き。

榛名 「目に見える代価は消せない証拠にもなるし、安心できるんだよね。」

逆に言うと、目に見えないもの(心)だけでは、安心できない、ってことだよね。失恋の曲が流れる店内でなされる初めてのデート(違)の約束。その切なさがこの二人には合っている気がします。

このルートでも、めぐみちゃんに何かしてあげる時、そして、彼女が何かをしてもらう時、「理由」を明確にしますね。むしろ理由がなくちゃいけない、みたいな。榛名の手を繋ぐ理由は「逸れないように」。そしてそれがいつしか「恋人つなぎ」に変わるんですね。(〃艸〃)ニヨニヨ 沈丁花をもらうのも「仕方がないから。」 この理由がないと、めぐみちゃんの性格からして、もらえなかったでしょうね。

沈丁花 花言葉 : 栄光 不死 不滅 (UTMのセイジュの好きな花もこれだったな。)

(祭ですれ違った親子と比較して)
榛名 「あの子供は我儘を言って、君は異常なまでに謙る」

確かに、めぐみちゃんはまだ17歳なのに、子供らしさがないんですよね。と言っても現代の感覚で彼らを語るのは間違っているんですが。って榛名も同い年なんだけど、なんだ、この駄々もれるセクシーさと、いろんな経験値が「絶対こいつ17歳じゃねぇオーラ」を纏っていますよ。

めぐみちゃんの心に根付いていたもの、それは「悲しかった気持ち。とても辛く悲しく痛い、…孤独」 孤独を痛みで表現する辺り、なんか天晴れだなぁ、とか思っちゃったんですが。本当、このシナリオライターさんの表現が好きだわ。(*’A`)=3ホゥ…

この攻略キャラ達、本当めぐみちゃんの心の内をよく把握しているんだわ。結構めぐみちゃんって、思考駄々漏れの子?でも、榛名の場合は、自分も「同じもの」を抱えているから、同属憐憫の情でもないんですけど、それに近いシンクロの心境だから、彼女のことが余計にわかっちゃう、みたいな。

「暗い心=自分と共有しているもの=(二人で共有している)だから綺麗」かな。榛名、自己陶酔も入ってる?対してめぐみちゃんが、自分の深い部分を理解してしまった榛名に対して感じるのは恐怖(めぐみちゃんはまだ彼にそこまで見せるつもりはなかったのに、半ば強引に覗かれたものだから)。

(店を「なりゆき」で延長しためぐみちゃんに対して)
榛名 「成り行きで延長してもらえるなら、僕も君に夜通し相手して欲しいね。場所はしとねの上で。」

はい、榛名、ありがとうございます。どきっとしました。しかも、立ち絵でずずいと迫っているっていうw さすが、月影エロ担当。

榛名 「君が自由がほしいって言うなら、息をも吐かせず僕は奪う。」
めぐみ (真っ直ぐ過ぎる視線が暗く、怖いくらいぎらぎらと輝いて見えた。)

このルートでは、めぐみちゃんも榛名も闇(病み)側の人間なのに対し、親友の渉は、「光側」の人間なのか。望月君と言い、榛名といい、闇側の人間しかいない、と思っていました、このゲーム。いやぁ、彼は救いだわ… でも、自身ルートでもキャラが崩れない?w

(友情と言うしがらみは忘れてもいいと言った後で)
榛名 「~僕個人としては…。…じゃあね。」

BGM0にしたけど、よく聴こえなかった~、ここ。「…」で何か言っているんだよ、榛名が。今まで「しがらみ」なんてものは嫌っていたのに、めぐみちゃんと結ぶこの関係だけはあってもいい、と思っているってことだよね。

榛名 「騙される人間が騙された事によって幸せ得るならそれでいいじゃない。幸せに嘘も本当もないよ。」
榛名 「君の前に大金積む人間だけを贔屓したらいい。~僕は、大金積むよ?

水道税のこと、値上げのこと、先の見えない不安、そんなものへ答えのない日々を送っていためぐみちゃんに、榛名の言葉はぐっとぐるんですね(萌えつぶもぐっと来たけど)

腐った商店街様、再び登場。苦笑 本当反吐がでるわ、こいつら…。店でいちゃもんつけ始めた商店街様に、榛名の言葉にスカッとしたものも感じましたけど、めぐみちゃんの心情を考えると、心苦しい。「騒動の全ての原因は自分だ」と思い込んでしまっている…

結局、騒動の中心であった商店街の野郎は無銭飲食じゃねぇか。散々暴れやがって。ヽ(゚Д゚メ)ノゴルァァア!!

榛名 「もうこれ以上君が痛そうにしている姿、見たくないんだよ…」

冒頭では、めぐみちゃんの困った姿にさえ惹かれると言っていた榛名がこんなこと言っちゃうようになるんですね。

(自分(榛名)のした行動によって、苦境に立たされるめぐみちゃんに対して酷く後悔している榛名に対して)
めぐみ 「貴方の優しさを受け取りたいと言う、ただそれだけで、このような事を引き起こしてしまったんですから。」
めぐみ 「榛名さんだって生き辛くなるでしょう?だからそんな風にした私を思い切り罵ってください。」

この時の、榛名に対するめぐみちゃんの返しも好きだな…。人が出来ているような…。萌えつぶなら、口が裂けてもいえないね、こんなこと(笑)

やっぱりめぐみちゃんに対する悪い噂は広がって…。そんな悪意ばかりがある中に飛び込むのはどれだけの勇気がいることか。もうこれ、自身を保つことは難しい状況ですよね。めぐみちゃんの周りの人達は、彼女にもっと頼ってきて欲しいと思っているのに、頼れないめぐみちゃん。甘えべたなんだな。だから、何もかもを自分自身で抱える事になって。

この兄との会話に、兄のめぐみちゃんを思う気持ちが本当に現れているんですよね。だから、定番である、兄妹乙女ルート(恋愛込み)がなかったのが、非常に残念でした(笑) 血は繋がっていないわけだし、ここに「現実」は必要ないので…← といっても、この閉鎖的な土地では、二人結ばれたらますます苦境に陥ることは歴然としていますが。そこは、まぁ、めぐみちゃんが大切にしている「月の畔」だけど、いい具合に前向きに畳んでもらって、二人で本土に移住したらいいじゃない(笑)

Σ(゚Д゚ノ)ノハッ! 今は榛名ルートだった…(笑) 妄想癖がつい…(〃ノ∀`〃)ポッ

この榛名君さ、「…」にかぶせてくるセリフが多いんですよ。意図して聴こえにくくしているんですが!イラッとします(笑) 低糖なのに!萌え台詞を隠してどうする(笑) ってことで、PSP自体の音量アップ(笑)

今更、めぐみちゃんを一人にするなよ、榛名。そして、彼のためを思い、自分の「(彼ともっと一緒にいたいという)我儘」にそっと蓋をしてしまうんですね、めぐみちゃん。

夢の中で出会った榛名の「どう?」って誘い文句にドキッとした。

(些か重い話を聞いてくれためぐみちゃんに対して)
榛名 「…(そんなめぐみちゃんを)捕まえたくなる。捕まえて、君の重い鎖を全部、外してみたくなるよ。」

渉 「相手をいい気分にさせるだけならば、それは人付き合いと言うより接待だろう。」
渉 「俺達は友達同士なのだから、互いを理解しようと思ったら、いい面ばかりは見せられない。そうだろう?」
 「~どんなことでも真正面から受け入れる覚悟はある。」

この人、本当、光だわ。彼の強さとは、未来を見据え、行動する力、ですね。

こんな時、兄も帰ってきた~。。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪

(街の人がこぞってめぐみちゃんのことを悪く言う中で)
護 「俺めぐみのことが大好きだから、不満なんて何もない。幸せなだけだ。」

これ、近所の人に対する言葉なんですけど、護、めぐみちゃんに聴こえるように言ったよね。きっと、彼女が家の中のどこにいるかを知ってて。っつーか、近所の人、一応めぐみちゃんの「身内」に直に悪口言うか?L(゚皿゚メ)」 で、帰宅後、何事もなかったように接する兄。こういう優しさも弱いよなぁ… もうボロ泣いた~~~。。・゚・(*ノД`*)・゚・。

無収入で食べさせてもらっているのが、情けなくて、申し訳ない気持ち、最近聞きませんねぇ…。みんな「してもらって当たり前」みたいな話をよく聞きますね…

街の人達、自分達がした迫害でめぐみちゃんが命を絶ったとしたら、どうするつもりなんですかね。なるべくしてなった、と罪悪感も感じず、「月の畔」にはいつしか怖い幽霊の噂が立ち…とか、めぐみちゃんが死んでも、どこまでも失礼な扱いをしそうですね。

この二人の告白のシーンいいなぁ。

榛名 「そうだな…君となら心中してもいいよ。生きてるの、苦しいしね。」

生きているのが苦しいから死を選ぶ。それは安易で短絡的で。酔いしれてて、逃げで。って、「一緒に」心中を申し入れられたのに、なぜか一人入水自殺未遂しためぐみちゃんwwwちょwww(○゚∀゚)ガハッ∵∴ 

榛名 「心中の意味、知らないの?君のそれはただの自殺だよ。」
めぐみ え…

wwwですよねぇwww いやぁ、笑ったわ。シリアスなシーンなのにっ!!!(○゚∀゚)ガハッ∵∴ 望月君に覆い被さってみたり、心中って言ってるのに、自殺してみたり。めぐみちゃんの突っ走り具合が時に笑いを誘います。(萌えつぶ的には心中も相互自殺に変わりないと思っていますが)めぐみちゃん、お兄ちゃんのことも思い出してあげてよッ!

榛名 「…君からの愛情は、何かいろんなものを感じて重いな。」

めぐみちゃんは両想いになると途端に強くなる子ですからね(望月ルートでもお分かりの通り)。そんな重さが榛名には心地いい。ここから、半ばめぐみ無双的なシチュ(違)が続きます(笑)

お店休業宣言する時のめぐみちゃんの、兄に対する他人行儀さが悲しい。だから、マジの兄は惚れるんだってばっ。お兄ちゃんは、めぐみちゃんのまっすぐな愛を受け取りたい半面、彼女を自由にさせてあげたい葛藤があったりするのかな。

めぐみ 「傷つけあうのは”目的”ではなく、未来で幸せを得るための”手段”に過ぎません。」

めぐみちゃんを傷つけないために遠ざかった榛名の首ねっこを捕まえるため(違)、単身深海のところに乗り込んだめぐみちゃん。本当、深海はただの魔王じゃないんだよなぁ…。

榛名 「君の部屋、いこ?」

ものすごい色気がww 鬱々としていたから、目が覚めた!www

両想いになっためぐみちゃんは本当強いね。深海を追い出すために彼の手下になるわけですが、掃除のために、深海の机の引き出しを引っ張ったwww 部屋の掃除を頼まれただけなのに、机の中も掃除しようとは思わないよね、普通。むしろ触れちゃいけない領域で。このゲームの面白いところって、実はめぐみちゃんが両想いになってから始まる「めぐみ無双」なのかも。

深海は、「めぐみちゃんと榛名を心に鎖の掛かった人間」、と称します。自分の生きてきた中でかけられた「鎖(=自分の中だけの常識で、他人とは異なる場合が殆ど)」を理解してくれた者にはとことん懐く。ただ、榛名とめぐみちゃんが抱える「鎖」を理解している深海もまた「鎖」の掛かった人間かと思うんですが。ただ、彼の鎖は巧妙に隠されていて、手に届かない場所にある。彼の心は、ずっと欠けたまま、のような気がします。本当の彼はあの山郷に残されたまま。嗚呼、それを是非、紐解きたかったです…

めぐみ 「貴方(榛名)となら喜んで傷つきます。」

強くなったねぇ… この二人、一心同体だわ。

暫く見なかった商店街の人。どうしてめぐみちゃんが罪人みたいな扱い受けるの?(笑) 捕まった二人が引き渡されたのが、青年団だったから良かったけど。

望月VS榛名、勃発(笑) この二人、本当仲良しさんやんなぁ~(違)

榛名が、英雄に対して改まったシーンもドキッとしたね。普段と態度が全然違うって言うのが…もう…(*≧ω≦)ダンダン 望月君も面食らっているよ。( 艸`*)

(めぐみちゃんがいい彼女だから)
榛名 「…だから嫌われたとしても、割と後悔ないんだ。僕はこれから最低の彼氏になるつもりだし。」

まじでかッ!驚 精神疾患、認めた~~~~。って、認める人は割かしまともと相場が決まってる← 

榛名、これからすることは自分で決めたことなのに、不安定になっちゃったんだな。だから、突然チューで。照

(誹謗中傷に慣れてきたと言っためぐみちゃんに対して)
渉 「辛いことは辛いと、きちんと受け止められる心を持っていないと…、お前は潰されてしまうぞ。」

本当、いいこと言わせるよなぁ…、ゆあんさん。

二人は傷つくことさえも互いの愛の証と思っているので、この二人にとっては、めぐみちゃん一人を悪者に仕立て上げ市民様をまとめる榛名の作戦は結果オーライなんですが、画面の外から操作してる萌えつぶからしたら、この計画をめぐみちゃんにちょっとでも言って、安心させて欲しかった。ただでさえ、迫害され、きつい展開なのに、なんでこういう仕様にしたのか(笑)

こうしてさらなる誹謗中傷を浴びる事になっためぐみちゃんですが、お兄ちゃんも自室にいるんですよね(町中は混乱し、彼女に対する謂れのない憎悪が凄いことになっているので、彼女はずっと家の中で彼らの誹謗中傷を聞いている状態です(笑)酷いよね、笑っちゃうよね。)。兄は一生懸命めぐみちゃんを今の状況から解放するのために仕事して、彼もまた彼女の受けている誹謗中傷を全部聞いてるんですよね。大事なめぐみちゃんを救ってあげたい気持ちは人一倍あるのに、それは榛名の役目だから、と、あえて表には出て来ず、自室で自分ができることをしている。それこそきっと死に物狂い(萌えつぶの想像ですが)

そして、めぐみちゃんは思う、自分は、街の希望である青年団という光を目立たせる闇、なのだ、と。

めぐみちゃんの気持ちがかなり切羽詰っているのに、彼らなりに支えあう姿がいいですね(なんか尾崎豊の「I love you」を髣髴させますね。傷つきながらも支えあうのは二人だけっていう)。で、互いの名前呼び、ですよ。渉なんて最初から「めぐみ」呼びでしたけどwww←そういうことは言わないの

榛名 「彼女の愛情なら信じられますから、幾ら傷つけても僕を想ってくれるって。」

う…、う~ん…=公=; 彼の精神状態は病み属性なのは重々承知だけども、それで、いい子のめぐみちゃんが貶められるのはどうも…。めぐみちゃんは、それをも全て受け止めるだろうけど…むしろそんな破壊的破滅的愛情に歪んだ喜びを感じちゃう子なんだけど…=公=;

深海の言葉に耳を貸してしまっているめぐみちゃんと、彼女が寄りかかっている扉を裏から叩き続ける榛名のスチルが切ない。たった一枚の扉、なのに。近づけない。触れられない。

でも、深海によって語られるのですよね、めぐみちゃんは、「榛名が傷つく事によって、それを癒せるのは自分しかいない、だから、彼が傷つけば傷つく程に、愛おしい気持ちが募っていく」と。彼女達は一心同体ですから、これは榛名にも当てはまると考えると、彼は、めぐみちゃんを誹謗中傷の輪の中に置くことで、罪悪感と共に愛しさも感じていた、となりますね。いやぁ、歪んでるなぁ(笑)

それにしても、深海さん、聞き惚れました。それに最後、抵抗もなく広場に行ってくれたことも、やっぱりどこか潔さ、格好よさみたいなものを感じますね。

榛名は、彼が知っている全ての方法で、めぐみちゃんと、彼女の未来を守ったんですね、たとえ、過程が「あれ」でしたけど。でも、それはめぐみちゃんが嬉々として受け止める部類の傷、だった、と。

榛名 「身を引くくらいなら、やっぱり奪い去りたいよ。」

二人はさ、上手く収まったのかもしれないけど、街の人達はどうした?この島にだけは嫁ぎたくないな、いくら最愛の人がいても。OTL

最後の、眼鏡なしの榛名の下ろした髪の姿は大人っぽくていいですね。

【入水エンド】の前に、互いの首筋にキスマークをつけるのが、なんとも淫靡で。

【依存エンド】に入った時の榛名への依存度がぶっちぎりMAXで(笑) 他のキャラでもここまで歴然とした差はなかったな。 痛みは愛の結晶という二人。依存度を上げるために、榛名の傷口を押すことを妄想するめぐみちゃん。もっと愛を、もっと痛みを。うん、病んでる(笑) 

深海の言葉に惑わされて、決定打の書類を破ったのも衝撃だったけど、その前に、深海の前でチスシーンもといエチシーンを演じるめぐみちゃんw 愚かだ、と深海は笑っているだろうな。そして深海の庇護の下、二人きりで爛れた時間を過ごすわけですね。これは、めぐみちゃんに対しても、榛名に対しても、深海に対しても、悲しいね。望月君を病みに落とさないように光の助言した神楽坂さんとは、対照的に、めぐみちゃん、榛名を闇の鎖でお互い縛りつけようとする深海が印象的でした。

【拒絶エンド】では、榛名に自分以外の「居場所」を提供してあげるため、深海の甘言を聞き入れてしまっためぐみちゃん。冷静になれば分かるのに。榛名がいたい居場所は深海の下じゃなくて、めぐみちゃんの元にしかない、と。でも、一旦耳に届いてしまった深海の言葉は彼女の心に浸透していくんですね。その後の、深海の言葉を聞いている榛名が切ない。これらは本当、たった一瞬の出来事で。いかに、素のめぐみちゃんが弱かったかって言うことがわかります。

榛名 「僕も、君のことなんて嫌いだよ。」
榛名 「僕の憎悪に押しつぶされればいい。」

凄く優しげに言うんだよな、ここ。榛名、本当めぐみちゃんのこと、分かってるよね。まぁ、バッドだから後味悪いけど、相変わらず、台詞回しが好きです。





シナリオさんの言葉運びが好きなので、こんなに長くなってしまいましたが、これでも半分以上削ったのよッ。本当ですよ。(´ー`A;) アセアセ
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 乙女ゲー  ジャンル : ゲーム

Comments






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017