現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 乙女系ノベル

Comment (2)  Trackback (0)

断罪の微笑。

宇奈月さん、またやってくれたよ…。読了後、暫くぼぉーっとしちゃった…。(*´Д`*)=3 そんな萌えつぶの心を鷲掴んでくれたソーニャ文庫7月刊行本「断罪の微笑」について今日は記事にしたいと思います。

断罪の微笑 (ソーニャ文庫)
宇奈月香 / イラスト : 花岡美莉
イースト・プレス
売り上げランキング: 12,308
発売日 : 文庫本 2013年7月3日 電子書籍 2013年9月5日

本作の読書自体はとっくにしていたんですが、暫く抜け殻になっていたので、どう書こうかと思っている内に日はあっという間に過ぎ、気がついたら、次のソーニャ文庫新刊のお知らせが(笑) 来月電子書籍化になる「奪われた婚約(朝海まひる著 藤村綾生絵)」「君と初めて恋をする(水月青著 芒其之一絵)」も大変楽しみですね。9月刊行本の「白の呪縛(桜井さくら著 KRN絵)」のKRNさんのイラストが気になって。

白の呪縛 (ソーニャ文庫)
桜井さくや / イラスト : KRN
イースト・プレス
売り上げランキング: 148,000
発売日 : 文庫本 2013年9月4日 電子書籍 ?????

イラストで文庫本を買うのは間違っている気がするんですが、最近はソーニャ文庫だからという理由で全巻買っている気がします(笑)

この作品について、何かを書こうと思ってもそれが全て(ちょいバレどころか)重大なネタバレになる気がして。(;´▽`A``汗 それでも、胃にずっしりきたいい作品なので大いに語りたいのですが(笑)、皆さんに興味を持ってもらうように~、とか、文才もないのに意識しちゃうともうだめですね。(;´▽`A``苦笑

さて、ここから萌えつぶの大好きな宇奈月さんのTL小説「断罪の微笑」の感想を綴っていきたいと思います。ネタバレはいや、ラブ甘エチじゃないとだめ、ノーマルエチじゃないとだめ、ヤンデレだめ、無理やりだめ、陵 辱だめ、という方は回れ右でよろしくお願いいたします。また、本作は官 能描写が激しいので、年齢の満たない方も(ry。Erに対して極端に知識のない方の誤爆読書は脳みそがぱ~んとなる危険性がありますので、ご自身の判断でよろしくお願いいたしますね。本書を読まれた他の方の感想をみると、本編最初の約1/3がヒーローカリーファからのきつめの陵 辱(拷問、負の感情しかない前 戯なし挿入有、人格無視の陵 辱で性 奴にまで成り下がっているヒロインちゃん)なので、結構それで引いてしまっている方が多いようです。でも、中盤約1/3はほのぼのな展開もありますし、カリーファとライラが両思いになってからのカリーファのラブラブっぷりったら!w そして残りは怒涛の展開で、物語に引き込まれること間違いなし、なので、お勧めしたいのです。オズオズ 「何事もこまけぇこたぁいいんだよ」精神で過ごされると、人生楽しいと思いますよ。二次元ですからっ!(笑) それもだめな人は引き返したらいいだけの話です。みなさんで、ゆるぅ~くわいわいきゃっきゃうふふをしましょうね。




(概要はソーニャ文庫公式サイトを見て頂くとして。)
<登場人物 ネタバレ属性付き>

ライラ 一卵性双子(姉) ドジッコ。M女。訳あり死にたがり
カリーファ 猛獣系俺様S。
マレイカ 一卵性双子(妹) 執着系女帝S。ヤンデレシスコン

3人の育ってきた背景が、お互いの立場、考え方、行動全てに影響し、どのキャラの行動も納得するものばかりでした。本当中盤を除いてドキドキはらはらの展開で。

ほとんどのTL小説って、主人公がいくらプリンセスな思考(=おめでたい天然。あほのこ。)の持ち主でも、周り(特にヒーロー)が真綿に包んだように愛でてくれるので(時にヒーローがヒロインの天然さにイラついて強引な行動に出ることもありますが)「ヒロインがアホなのは、こいつら(ヒーロー)のせいだ」と思うことが多いのですが、本作は違います。

(ライラが身代わりとなった)マレイカ(偽)を捕まえた時、死よりもつらい屈辱を、ということで、カリーファ自らによる陵 辱の日々が始まります(陵 辱内容は上記白字反転で)。肉体的快楽以外考えられないくらい墜ちていくライラ。そんな陵 辱の日々にも、カリーファの心に芽生える罪悪感と刹那さ。もうここは「カリーファ、早く気付いてよ~・°・(ノД`)・°・」と思いながら読み進めていましたね。

また、このヒーローカリーファもTL小説従来のヒーロー像(笑)とは違って、完璧ではありません。最愛の人よりも、自分のプライドを優先させちゃうし(そうさせてしまう過去を彼は持っているんですが)、宿敵マレイカには再会してからもしてやられてるし。

マレイカ(真)を捕らえた際の謁見の間でのシーンは鳥肌が立ちました。自分が今まで陵 辱していた女は実は愛しいライラだと知った後でも、止められなかった怒りと憎悪。どんな事をしてても、一矢報いたかったカリーファ。彼が昔ライラの父や妹にされた仕打ちは、綺麗事では済まされないほど、酷く残虐だったので、謁見の間で、聖人君子のごとく、カリーファを振舞わせなかったところが、「宇奈月さん、天晴れ」と思いましたよ。(〃∇〃)

中盤はルトフとアミナ(彼女のライラへの忠誠心が本当いいんだわ…)の恋バナも挟みつつ、終盤マレイカが心情吐露するシーンは手に汗握る展開で。利発な彼女もまた親の、姉の、時代の犠牲者だった、というわけですね。

一つ気になったシーンがあるんですが、カリーファがライラを組み敷きながら、彼女の本名を問い質したシーンで、快楽によってライラが墜ちかけましたけど、その前に呪詛「断罪の微笑」によって呼吸困難にはならなかったですね(笑)。こんなことは本当はどうでもいいんですが、ちょっと気になったので。←

ライラの死への切望や、そんな彼女を生へと繋ぎとめようとするカリーファとアミナ、そして、マレイカの真実に涙しました。(注:萌えつぶの涙腺のゆるさは異常なんです。)

タイトル「断罪の微笑」とは、作中ではライラの国に伝わる呪詛なんですが、タイトルに相応しく、メイン3人が「断罪」されているところが面白いなぁと思いました。萌えつぶはこう思うんですよね↓↓↓

ライラ 罪名「無知、現実逃避」→断罪:国の滅亡、愛する妹との決別
カリーファ 罪名「人間的尊厳への冒涜」→断罪:愛する人の死、喪失感への恐怖。(自業自得の部分もあるんですがw苦笑)
マレイカ 罪名「残虐性。執着」→愛する姉の喪失

今回もどのキャラも本当キャラ立ちしていたので、面白かったです。(ルトフとアミナの恋バナの続編も読みたいですが、)マレイカの最後がぼかされた感じになっていたので、彼女を主人公にした続編が読みたいですね。カリーファとの和解はなくとも、彼女も元はいい子なんですよ(そう思います。ライラといた時の彼女が本当の彼女で)ただちょっと回りが見えすぎていただけで。しかもその周りは汚い醜悪な世界で

<萌えつぶ脳内妄想>

マレイカ主人公の続編では、彼女なりに姉を祝福し、世を儚み、修道女となって、自分がしてきたことへの後悔や懺悔のようなものをしていたらいいですね。(←萌えつぶの好きなベタな展開なんですが(笑) でも、本編での彼女の執着を考えたら、カリーファを何が何でも殺そうと考えると思うんですがw(;´▽`A``) そんな彼女のヒーローは、教会の神父さんかなんかで。(性格が)ライラを髣髴させる男の子で、賢いマレイカをいろんな意味で支えてくれる頼りないような頼りになるようなキャラで。マレイカが聡明なので、策士属性の組み込みは個人的に想像つかないんですが、逆に(ちょっと熱血の入った)ワンコ属性だと映えるかなぁ、と思ってみたり。

もしくは、マレイカも実はライラと同じく(こちらは無自覚に)カリーファに恋に落ちていて、愛する姉と相思相愛な彼に対して、「愛情一杯憎さ一杯」な所もあったのかなぁ、と思ったので、彼女のヒーローはカリーファ似のS X Sの物語とか(笑) …なんか凄そうですね、SとSの話って。萌えつぶは基本Mが好きなので… 萌エルS X S(但しNL)求ム、ですかね。続編ではマレイカの女帝Sはツンデレくらいまで(そのS性を)低めて頂いて←え 個人的にはデレたマレイカを見てみたいんですが。一方でマレイカはあのままでもいいような気もしているのも事実です。




以上根拠のミジンコもない萌えつぶの妄想続編、でした(笑)

萌えつぶ的には前半の陵 辱は耐えられる範囲だったので、あれなんですが、無理やりに耐性のある乙女で本作に興味のある方がいたら、是非手にとって頂きたいですね。(萌えつぶは全く気にならないんですが、ちょっと文の表記がずれちゃっているところがあります。こういうの気になる方は気になるんだろうなぁ、と思いちょっと触れてみました。)

他にも面白い歪んだ執着系TL恋愛小説がソーニャ文庫にはあります↓
ソーニャ文庫公式サイトへ。
(ソーニャ文庫公式サイトへ。)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : R18要素あり恋愛小説  ジャンル : 小説・文学

Comments

1. 無題
萌えつぶさん、こんばんは。

この本、私Rentaのマイリストに登録してあります。
でもソーニャ文庫ってことで、借りるかどうか迷ってました(苦笑)

内容がざっとわかって、怖くなくなったので、ちょっと借りてみようと思いますw
2. のりこさんへ。
萌えつぶも、気になるけど、地雷のありそうなものや、気になりすぎて仕方がないものは、ネタバレを見て判断します。時にはネタバレを見つつ、攻略しているゲームもありますw 本書は、読み応えのある本だったので、是非、のりこさんも気にいればいいなぁと思います。






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017