現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 乙女系ノベル

Comment (2)  Trackback (0)

ソーニャ文庫5月刊行本 感想。

文庫本発売から電子文庫になるのが長かったなぁ…と思っていたんですが、たった2ヶ月差でしたね。萌えつぶの中では半年以上経っていた感覚だったのでw ドンだけ楽しみにしているんだって感じですが。

「星の王女」シリーズ攻略の片手間に読み終わりました、ソーニャ文庫5月刊行本。「星の王女」シリーズでは、萌えつぶ、半ば機械的に進めていた部分もあったので、もう肌色見すぎて、それすら心が反応しないのか、と焦っていたんですが(笑)、大丈夫でした。ソーニャ文庫 で萌えられました。萌えつぶの心はまだ大丈夫。心が萌えに反応しなくなった時が、このブログの止め時だな、と思っていたので、このブログを続けられます。え

(「星の王女」シリーズはボリュームがあるので、未来投稿ということで、8月中旬まで毎日続きますよ(笑)。)

来月電子文庫が発売予定の6月刊行本には梅さん富樫さんがいるし、その次の月に電子文庫が発売されてほしいなぁと思っている宇奈月さんもいるし。闇雲に手を出すよりは、決まった文庫レーベル、作家さんがいると、お財布に優しいですよね。ドラマCDなんかは、諭吉乱れ撃ちなんかしちゃってもう大変なんですが。苦笑

「令嬢は花籠に囚われる(朝海まひる著)」「秘された遊戯(尼野りさ著)」「仮面の求愛(水月青著)」ですが、どなたも萌えつぶにとって初めての作家さんです。(〃∇〃)ドキドキワクワク

さて、ここから先、さくっとソーニャ文庫5月刊行本の読書感想文を書きたいと思います。本の内容に触れていますので、ネタばれてます辛口かもしれません。でも萌えつぶの正直な気持ちを書きました。そんなのいや、小説なんか読まない、エロは好きじゃない、という方は回れ右でよろしくお願いいたします。何事も「こまけぇこたぁいいんだよ」精神でいくと人生楽しいと思います。みなさんで、ゆるぅ~くわいわいきゃっきゃうふふをしましょう♪(´∀`)




令嬢は花籠に囚われる (ソーニャ文庫)
朝海まひる著 犀川夏生絵
イースト・プレス
売り上げランキング: 355,115

イラストを担当されている犀川夏生さんは、2014年発売予定のR18乙女ゲー「おねだりシェアメイト 」でキャラデザを担当されている方です。R18乙女なので、萌えつぶももちろん気になっているゲームですね。照 表紙で、二人ががっちり手を繋いでるのがいいです。

<登場人物 ネタバレ属性付>

エリタ 気高く心優しい(元)令嬢。(やっぱり)あほの子職業差別の気がある
セス 紳士。(周囲には)堅物。ストーカー縋るS
ランフォス 笑顔de腹黒。エリタ&セスの恋愛事情には(間男的意味で)絡んできませんが、腹黒キャラはいいですねぇ。( ´艸`)

基本、この手の小説での令嬢というのは、あほの子率が高いですね。萌えつぶは、聡明(で人の心はわかる)だけど、なぜか恋愛面ではレベル1という女キャラや、恋愛レベルがある程度あるものの、男キャラに躍らされる女の子が好きです。萌えつぶ、思うんですよ、令嬢である彼女達の周りにいる男達は、その世界では要人職についている場合が多いのに、そのキャラ達と対等に話が出来るのか、この子達は、と。あ、対等である必要が無いのか(笑) 外の世界(仕事とか)でストレスを感じている男キャラが、(あほな)主人公ちゃん達の前では、肩の力を抜けるって存在っていうか癒しの存在であれば。(´・ω・`)

話が微妙にずれたんですが、何が言いたいかっていうと、エリタが作中「憐れみ」を感じる娼婦だって、それなりの役職の人物をパトロンにつけるためには知識と教養が必要なはずですし。このエリタの職業差別的意識が苦手でした、不快感を覚える程には。セスにも注意を受けているのに、懲りずに娼館で働いている小間使いのメルヴィンにも似たような視線を向けている描写があるし。トップ娼婦として賢明に生きている(と思えた)テレティーシャの方がよほど小気味がよかったです(セスをめぐるライバルではあったけど)。

そしてエリタは「同情や憐れみは美徳であって、蔑まれる感情ではない」とまで思っています。たぶん、萌えつぶの「同情や憐れみ」の解釈が、彼女のそれとは違うんでしょうね。セスが「それは侮辱だ」と言ったことで、心が救われました。この言葉がなかったら、エリタを崇拝するセスにも嫌悪感を感じていたかもしれません。(^ー^;) (後にエリタなりの心の成長が見られます。)

セスの心はもしかしたら、常に正気と狂気の境界線にいて、エリタの存在が彼を「こちら側」に繋げていたのかもしれません。そんな崇拝レベル(笑)にまで達してしまったエリタから受けた一言が彼を彼岸(?)に向けてしまいます。無理やり(中田氏)監 禁軟 禁道具使用ちょっと調 教気味があります。無理やりの行為に常に付き纏う切なさ、そして、シャワーの音にかき消されたセスの本音がたまらん。(*´Д`)=з

痛くていいんだよ。そのほうが忘れられないだろう?(嫉妬に狂ったセスに萌えます。)
よかったな、エリタ。俺に処女を奪われても仕方がなかったと思える理由が見つかって。(せつな過ぎる理由付けです。)
俺はどこまで墜ちればいい…?(セスもエリタを欲するあまり、傷つけているのをわかっていても、止められない欲望をどうすることも出来なくて、その辛さ苦しさが伝わってきます。(´□`。))

エリタは「あれ」ですけど(笑)、縋るS セス、お勧めです。

ちなみに、朝海まひるさんは8月刊行本「奪われた婚約」が予定されているので、萌えつぶ、楽しみにしています。

秘された遊戯 (ソーニャ文庫)
尼野りさ著 三浦ひらく絵
イースト・プレス
売り上げランキング: 247,698

仮面舞踏会の話です。

<登場人物 ネタバレ属性付>

シルビア 箱入り娘。人の気持ちのわかるいい子。思わぬ積極性に驚きましたw (`∀´)イイゾモットヤレ
ヴァレリー シルヴィアの家に仇なす者。堅物っぽい。本当は凄く優しい好青年正統派ヒーロー

ヴァレリー…、何度も女性名かと思いました…。OTL

作品の紹介文から、シリアスサスペンス調なのかと思いきや、そんなこともなく、ストーリーや謎もしっかりしていて、すっかり話に引き込まれました。ヒロインの家に復讐するヒーローとの恋愛なんて、一体どうなるのだろうと思っていましたが、彼の過去、苦悩、それが明るみになった時の二人の心の通わせ方はもうすっかり「乙女」しています。ヴァレリー、普通の好青年なんだもの~。そんな彼が抱かざるを得なかった復讐という名の暗い感情。優しい正統派ヒーローが闇の感情を持った時、こういう展開になるのかなぁ・・・と思いました。

ヴァレリー、周囲に大切に育てられたシルビアの中に自分の妹を見ています。そこからくる今は亡き幸せだった頃の家族の思い出(シルビア=妹=家族との幸せな思い出)。恋に落ちてはいけないとわかっていても、惹かれてしまう気持ちは、ここからほんのりと理解することができました。

シルビアがヴァレリーの事を想って、らをめちゃう子なので、好きな彼に組み敷かれる時は無理やりっぽい表現があっても、無理やりだとは感じないと思いますw しかもこのお嬢様、かなり焦らされますw 社交パーティの最中、カーテンの中に隠れて致している最中に現れたシルビア父の前での行為には、「あ、最近この展開をどこか で読んだな」と思ったんですが、ドキドキしましたw しかも、ドレスの下から、ヴァレリー見えてるしwww (*゚ー゚*)

3年前の元凶との明確な決着は本編では触れられていないですが、作者あとがきを読んですっきりしました。ありがとうございます。まぁ、それでも、ヴァレリーを想って切ないんですけど。(゚ーÅ) 結局時が彼を癒してくれるのを待つしかなくて。彼自身がどこかで納得できる落ち所を見つけるしかなくて。しかも、元凶となった出来事も本当にやるせなくて…。でも、この展開だと、これが一番幸せな方法なのかなぁ…。

ヤンデレ属性ではなくとも「歪んだ愛」というのを体現できるものだな、と思いました。

仮面の求愛 (ソーニャ文庫)
水月青著 芒其之一絵
イースト・プレス
売り上げランキング: 141,035

<登場人物 ネタバレ属性付>

フィリナ 侯爵令嬢。お嬢様。(すいません、これ以外思いつきませんw)
レヴァン 仮面の王子。ひっそりストーカー
ジェラルド レヴァンの長兄。サイコパス。次回作に乞う期待。え
セドリック レヴァンの次兄。腹黒策士。次回作に乞う期待。え

ソーニャ文庫は「歪んだ愛」をテーマにしていますが、この作品は、執着はあったにしても、「純愛」だったかなぁ、と思いました。

フィリナを守るために、レヴァンが躊躇無く、モブ男達の首を切り落としたシーンが、一番ゾクゾクしたかな。(すいません、しょうもなくて。)

ヒーローレヴァンよりも、ジェラルド、セドリックに「ソーニャ文庫」らしき性質を見出しましたw 萌えつぶが、この文庫レーベルに求めているのは、ヒーローヒロインの間に、歪んだ愛故にどこかぞくっとするものや、重く濃い愛のようなものですが(もちろん最後はハッピーエンドで。必須事項ですw)、この作品は、他キャラによって、レヴァンの歪みが薄れてしまった感があるように思いました。性描写も全体的にどこか普通のラブ甘感があります。兄様二人の方がよっぽど歪んだ愛を見せてくれるのではないかと思いました。この二人の恋愛模様も(ハッピーエンドで)読みたいですが、いかがでしょう。特にジェラルドなんか面白いと思うんですが。

レヴァンの出生の秘密は切なくも面白かったです(「笑う」という意味ではなく、「興味深い」という意味で)。あと、戦闘描写が好きでした。

このコンビは、8月刊行本「君と初めて恋をする」でも堪能できますね。DTの響きに、結構萌えつぶ楽しみにしているんですが。え
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : R18要素あり恋愛小説  ジャンル : 小説・文学

Comments

1. 仮面の求愛
積んでますw
いまいち読む気が怒らなかったのですが(こら)
萌えつぶさんの感想を読んでいたら、俄然読みたくなってきました~!
どこか歪んだ愛であっても、根本的には純愛であって欲しい私にもってこい的なwww
楽しみです(*^o^*)
2. Re:仮面の求愛
>テイさん

積んじゃってましたか!( ´艸`)wwww わからなくもないです。←え ソーニャ文庫にしてはこの作品は(萌えつぶ的に)ぬるかったですが、他キャラがぞくっとする部分を担当していますし、フィリナとレヴァンは純愛です。普通に楽しめると思います。レヴァンの必死さが可愛いと思いました♪(〃∇〃)






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017