現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 華ヤカ哉、我ガ一族シリーズ > 華ヤカ哉、我ガ一族

Comment (0)  Trackback (0)

華ヤカ哉、我ガ一族 宮ノ杜進 感想。

乙女ゲーム「華ヤカ哉、我ガ一族」の四男 宮ノ杜進様ルートの萌えつぶ的感想を始めるよ♪

華ヤカ哉、我ガ一族
華ヤカ哉、我ガ一族
posted with amazlet at 14.02.05
アイディアファクトリー (2010-07-01)
売り上げランキング: 3,408
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
(「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイトへ。)

以下ネタばれしかありません。一旦クリアしているので、他のルートの話もするかもしれません。さらにいうならば、萌えつぶの独り言的感想しかありません。ストーリーとかも網羅しているわけではないので、プレイ済みの方しか楽しめないと思います。ちなみに華ヤカ哉、我ガ一族キネマモザイクもプレイ済みですので、両方の話題を混ぜつつ、という感じになっているかもしれません。それでもOKという乙女の皆さんのみどうぞ♪




<ブラックもあるよ 宮ノ杜家四男 進(CV : 梯篤司)>

病院が来い

人当たりが優しいし、甘えっこじゃないし、仕事持ってるし、面倒見がいいし、最初に攻略しようって思ってたんですけど、たえの忠告を聞いて、これまた後回しになった進ルートの攻略です。だって、バナーのこの顔ですよ?身構えますよ、そりゃ。

正Loveの萌えつぶ、巷の進人気には正直驚いているんですが、おかげで、第三弾黄昏ポウラスタではサイトトップを飾っていますね。

進は、時々宮ノ杜臭が漂うものの、最初から普通に話ができます。博、茂と並んで癒しキャラになると思いきや、やっぱりとんだダークホースでした。

茂の夜の行動を探るために、たえに言われて庭で待つはる。庭には、茂の替わりに玄一郎と平助の密会を見てしまいます。

お前、懲 り ろ よ 。たえに一体何回騙されてんのさ。

本当、怒られても仕方のない子ですね、はるは。そんな密会の中で、

玄一郎「大体昔から女が絡むとろくなことがない」

お 前 が 言 う な

この人、凄いですよね。徹底して、「獅子、子を谷に落とす」教育をしていますよね。(特に三男ルート。)全員腹違いの子で、子供引き取って、奥さんとは離縁。本人の好きな小説のジャンルは恋愛小説…。

勇の眠り姫症候群は、父親譲りだったか…。

華ヤカ最初のいい雰囲気スチルは進でした。でも、これで恋に落ちるのは地雷です。この人、ヤンデレならぬヤンデルですから。

たえ「誰にも優しい人は、結局誰にも優しくない。

名言だと思います。そして、通常使用人の惚れる順序→

萌 え つ ぶ の 初 期 脳 か よ。OTL (まぁ、その通りには攻略しませんでしたが。)

進、女性使用人に優しくしているのに、なぜか使用人に対して割り切った態度を取っている正の方にときめきました。だって、それ以上の関係になる気がないのに、気を持たせるのって、罪じゃないですか?まぁ、彼の場合、感情自体に問題があるわけですが。

進の夜の行動の件から、はるの行動は逸脱します。使用人だから、仕える人達の関係に首を突っ込んではいけないのに、突っ込みまくります。(-"-;A さらに、仕事に集中できていません。

進、他人に興味がない割りに、頼まれたことは引き受けちゃうんだよな。家族友達は自分の心の中に居場所があるから特別なんだろうけど。

玄一郎の進に対する言い方は優しいけれど、どこか馬鹿にした感じがしたのは萌えつぶだけでしょうか(庶民の出の息子、みたいな)。そんな父にはいいようにあしらわれるし、兄弟の雑用係で不憫なことこの上ないんですけど、宮ノ杜なんですよね、彼も。

進、交通課でオートバイの試験を受けるんですが、こういうのって、宮ノ杜の力って効かないんですかね。まぁ、進に関してはちょっと無関心っぽいですもんね、玄一郎。

進の時も、宮ノ杜家の人には質問は許されないはずなのに、結構早い段階から、会話が続きます。この人にとって「宮ノ杜」っていうのはそこまで固執するものではないんですね。だからか。

彼とのルートでは、三治がよく絡んできます。彼の正体は守の犬だったわけですけど。彼に裏切られたことによって、真の進が覚醒するわけですが、はるのこと、心の大切な部分に置いているはずなのに、思考と感情が伴わないのが結構終わりの方まで続きます。

それにしても、進は、はるに結構重いことを話しますよね。自分と宮ノ杜の関係とか、自分が宮ノ杜についてどう思っているのか、とか。こんなこと、他の使用人にも話していたんでしょうか。(初期の頃は、進がどこからはるのことを気にかけたのかわからないので、本当手探り状態でした。)

6月の舞踏会で、それまで温和に進んできた進ルートに陰りが見えます。この時の進のスチルの表情、やばいです。w が出ちゃってます。その後ろでご婦人と踊る正。なんだか楽しそうですが…。w

はるの代わりに、兄弟の夜の晩酌の世話をさせられる進(しかも寝ているところを起こされてw)。不憫でなりません。いつキレるかわからない進(しかも本人記憶なし)をパシらせるご兄弟は最強ですね、本当。

進、はるには無視され、たえにははるへ対するいたずらの標的とされます。汁たくさんの弁当って…。不憫すぎだろ、これ。汗 さすがに雅のように弁当はひっくり返さないので、萌えつぶ的には好感度高いですが。え

たえ、本当ストイックですね、仕事に対して。はるよりも、好感が持てます。このルートでは、たえも後に運命の人に出会うわけですけど。w

はるの何がよくないって、口が軽いところですね。他のルートでも書きましたけど、他の兄弟のプライベートなことも人にぺらぺら話しちゃうし。ここで黒進を見ることができます。進がヤンデレ担当なら、もちろん土蔵監禁があると思ってしまった駄目脳保持者萌えつぶです。

博に誘われた海の開場式では、博が勇に諌められたので、博の代わりに進がはるの相手をします。博はしょうがねぇなぁ、女の一人も相手にできないで。( ̄∩ ̄#怒 進、追いてけぼりのはるちゃんにあげた理由が優しい。

進「自分と海岸を歩くためですよ。

萌えつぶ、置いてけぼりで寂しかったから、ちょっと傾いた。ほだされかかった。(*´ω`*)ポッ

進も知っていたんだね、誰にでも優しくできる自分。大切なものを守るためだったら、自分が犠牲になっても構わない、と思っている自分。なんだか、かっこいい。言い方にも寄るんだろうけど、進の悩み打ち明けが一番重いような気がします。

花火大会の時に既に複線みたいなものがあったんですね。感情の起伏が乏しいっていう。ちょwww進の物まねw どうせなら他の兄弟のまねも聞きたかったです。w

薮入りの際、ついつい進を好きだって言っちゃったはるちゃんの元に進が現れますw この時点で他の兄弟ははるちゃんへの好意がだだ漏れなのに、進はたんたんと誤解を解く方向に動きます。まぁ、自分の感情がなんなのかわかっていない人ですからね。なんだか一番寂しい薮入りの話でした。

でも、ここで、進のセクシーショット。働く男の人ってやっぱりかっこいいですよね。糖度の低い華ヤカではかなり貴重なショットではないかと思います。w

進の大事にしていた本を勇が海岸に忘れてきて、貸主の進がなぜか取りに行く羽目に。

勇、ひどい!暴君勇には何も貸しちゃいけないってことですね。==

まぁ、それで進と夜のドライブと洒落込むわけですが。優しい運転をする人は株が上がりますよね。独り言だと雰囲気が変わるってことは、やっぱり黒進の方が本物、ってことでしょうか。

ってやっぱり運転荒かった!Σ(゚д゚;)怒りに任せてハンドルを切る進。まさに宮ノ杜の血が流れていますね。

心のない優しさだからできる誰にでも示す優しさ。所詮うわべだけってことなんですよね、進の存在って。母に特に女性には優しくするように教わってきたから。それは、「知識」として得た行動から出てくるのであって、人間として普通あるはずの気持ちが、進にはどこかなくて。そんな心のない進、自分に自信がなさすぎ。自分がいかに相手の役に立っているのか、その自信のなさが邪魔をして、感じることができていません。

9月、今まで姿を見せなかった、進のお母さん、文子と街中で出会います。なんでもすぐに物をなくすどじっこです(手に持ってても気付きません。ある意味5分前に昼食を終えたのに、「昼食はまだか」と聞く年寄りよりやばいです。)。彼女とはる、友達みたいでいいですよね。まぁ、進のルートが進むと、はるに「うぬぼれるな」とぴしゃりといいますが。(庶民出身の文子さんが自分で出した結論なんでしょうね。玄一郎との関係の中で。)

文子、玄一郎には笑われてばかりいたって、馬鹿にされていたの間違いじゃ…。汗 いや、そんなことはない。微笑まれていたのだよ。玄一郎の優しさを夢見たっていいじゃないか。

三治のポーズ、時々ジョジョってますよね。(あの片目を隠すポーズが。「ジョジョ立ち」でググッて頂ければ、どのポーズかお分かりになるかと。)

進と三治が結ばれている赤い糸。華やかもBLっすか!?いや、無理、無理だからっ!

進、三治の試験結果が心配で会場にまで行きます。おかんか!ちょっといき過ぎな行動にびびります。

10月、玄一郎専属人審査では初めて落選します。まぁ、玄一郎の専属じゃなくても、進の専属になれればそれで…。え

守、捨て身の覚悟(自動車対物事故)で進にアピールwww やっぱり守にも、宮ノ杜の血が流れている証拠ですね。

特攻課の制服を着た三治、学ランを着た学生に見えます。制服っていいですよねぇ。うっとり

猫とじゃれるはるを見て、「可愛いな」とつぶやいたものの、進がダンスの相手にはるを選んだのは、はるが自分にも踊る可能性があるのか、と漏らしたからですよね。それとも、進の無意識の好意か。

銀座で偶然出会ったはると文子。はる、進について聞きたかったのに、文子、玄一郎について語りたがっている様子。どんだけ好きなのよ、あの魔翁をw ポウラスタでは、繊細で寂しい玄一郎を是非見たいです!

あのぉ・・・文子と玄一郎の間に多大なる温度差を感じるのですが…。w 玄一郎のプロポーズはそんな乙女がキャーキャー言うようなロマンチックな意味合いは全くない…はず。しかも、その時点では静子と結婚していたけど、略奪愛的な・・・ものでもないですし(守の母はどこにいった?)。w 文子、全く持って夢見る乙女です。文子の域まで来ると、どんなにひどい男も素敵な殿方になるのでしょうね。文子は本当幸せだと思います。

はる、そのうち進の過去が気になるあまり、聞いてはいけない、立ち入ったことまで聞きそうで恐いです。

ここで初めて進の失態を見ることができます。泥酔した男の人を二階まで運ぶのって、本当大変ですよね。w しかも、口調変わってるしwww ええ?進、優しくされると勘違いするタイプだったのか!wwww

進、ずるい!ベッドに押し倒して、低い声で「行くな。」って!「俺は…独りじゃないよな?」って、そんなこと言われたら!!こうやってダメンズに引っかかるんだよなぁ・・・ぶつぶつ って、本人泥酔中ですからっっっ!w

次の日の進の慌しさといったらwww はるも千富に押し倒されたって言うなよ。お前、お母さんに彼と初エッチしたのって報告するタイプだろ、絶対。

宮ノ杜家舞踏会の母ズ、普通の格好なのが、余計授業参観感を醸し出しますね。w このルートでは博、はるにそんなに執着を見せませんね。踊る相手は誰でもいいや、と。海岸では置いてけぼりにしたしな、博。まぁ、ここでは、進がはると踊るの確定していますからね。VSモードに入らないのが、華ヤカです。

他の兄弟と違って、使用人服のまま踊る二人、進らしさが出ていて素敵です。結構身長差あるんですね。このスチルの進、かっこいいよ。ちょっと意地悪な進もいい。照

博覧会での二人は、ツン組よりもいい雰囲気ですね。ニヨニヨ もうお互い好きでいいじゃないって雰囲気で会話しています。ニヨニヨ

佐伯家の舞踏会で不穏な動きがあるということで、はる、進に知らせるために向かった会場で、進を庇ったために、裏切り者三治に、撃たれます。少なからずとも好意を寄せていたはるの様子と友として信頼していた三治の裏切りに、進、切れます。スチルの感情のない目と口調が…。((゚m゚;)

はる、目覚めたら、一階にあるはるの使用人部屋ではなく、屋敷二階の進の部屋でした。進、はるのこと心配だったんだね。それが特別な好意として表面化になるのはまだまだ先の話ですが…。

進、やさぐれちゃってます。口調も違うし。心がないということを悪い意味で肯定してしまっています。

幼少の頃の玄一郎との話だって、進、他人に興味がないのではなく、自分にとって大切な者を傷つけられたから、記憶がなくなるくらい感情が高ぶって、傷つけた者を殺そうとしたんじゃないかな。自分よりも他人(大切な人)を優先してしまう進だから。文子、自分の子供の解釈が間違ってる(と思うのです)。まぁ、玄一郎信者の彼女からしたら、玄一郎が進にひどいことを言うとは思っていないでしょうが…。

短絡志向のはる、進のことを近くで見守る→だったら専属になればいい、と考えます。そこで、文子におせっかいを指摘されます。ここの文子、もうちょっと言い方があったんじゃないかなぁ…。確かに、進が誰も頼っていない状態で、はるが突っ走った行動を取らないためには、いい牽制だったと思うんですけど、同じ庶民出身なのに、急に使用人であるはると宮ノ杜である進は違うんだ、といわんばかりの言い方で…。

進が他人に興味はないって言い方をするよりも、大切な親友を自ら傷つけたことに関して、心を閉ざしている状態、とした方がしっくりくるんだけどなぁ。進は繊細すぎて、他人を傷つけた自分を責めて、自らの心を傷つけるのを防ぐために、感情がフラットになっている状態、というか。

はるが進に鍵を返そうとした時も、受け取らなかった理由は、鍵を返されることで開くはるとの距離を無意識の内に感じ取ったって思っています。他人に関心のない(と思っている)自分が、それでも近くにつなげておきたい存在、それがはるなんでしょう。まぁ、深読みしている感はあるんですが。w

一見普通の生活をしているつもりでも、心を閉ざしている進に近づけず、歯がゆい思いをするはる。銀座祭りの誘いの件だって、閉ざした心のままでも、進のはるを求める気持ちに偽りはなく。でも、進本人意識して理解しているわけではないから、「ついでに誘っただけだ」といいます。本当は「はると」行きたかったくせに。

進は事情を知る者が近くにいたらよかったと思い専属にした…なんてことを言っていますが、文子から、専属になってから元気のないはるの様子を聞いた進。はるを専属からはずします。きっともとの元気なはるに戻って欲しかったんだよね。ね。

そんな中、はるに再び縁談の話が来ます。相手はなんと三治。最初は戸惑うものの、二人ともいい感じに、進の黒い心に火を注ぎます。自分の前では元気のなかったはるを、一瞬で元の元気なはるにした三治に嫉妬です。別荘行きをドタキャンするほどに。(たぶん)

二人の縁談を知った進、前振りなしに、はるに有無を言わせない口調で聞きます、三治と縁談なのか、と。う~ん、ここも、「三治とはる」のことが気になるんじゃなくて、はるの気持ちが「三治」に向かっているから、気になっているんじゃないかな、進。他の誰でもない三治って言うところがポイントだと思うんだよ、萌えつぶは。脅されてするはずの縁談なのに、三治と会っていた時のはるが楽しそうだったから。

ここで、はるも(無自覚に)遠慮なく、黒進の嫉妬心に油を注ぎます。男キャラに壁際に押しやられるシチュエーションって弱くないですか。逃げられないようにされる辺りとか。萌えつぶ、ドキドキすっぞ!(≧▽≦) でも、進、今一歩のところで、はるへの特別な気持ちが表面がしてこないので、うまく表現できず、苛立ちます。そして、絶対零度の声で言います。

縁談を断れ」と。

はい、たった今瞬間萌え率最高値を記録しましたっ!やだ、何この気持ち。梯さん、上手いわ。ドキドキが止まらんっっ。と言っても、断れる見合いじゃないけど。

ならば死ねばいい。

…はい?さっきの萌え返してもうイヤだ、この子。まぁ、彼にとって大切なのは「はる」であって、「はるの家族」にまで、気持ちがいかないんでしょうね。そこで、家族思いのはるの鉄拳が飛びます。まぁ、あんまり堪えていないようですが。

結局、はるの縁談を断らせることもできず、はるが薮入りで実家に帰り、身近にいなくて寂しいから、進苛立って、物に当たります。(←萌えつぶの穿った見方が多分に含まれています。)

進、年始に三治に会って、縁談のことを聞きます。三治の言っている事の方が的を得ている気がします。「まるで、俺の女に手を出すなとでも言いたそうな顔だな。」って。萌えつぶは、そう思っていますけどね。

進を裏切った三治は敵で、殺す対象だけど、親友の三治は、大切な人の一人で、守るべき存在。一人の人間に対して、二つの全く対極の感情を抱いていて、消化し切れていない。進らしいですね。

感情が不安定のまま、今度ははるの縁談に落ち込む進。とうとう茂にはると三治の縁談の件を話してしまいます。いいのか、茂に話してw?酒の肴にされるだけじゃ?ww

三治とはるの仲の良さを見て、進「あ、そうだ、次に三治に会ったら、殺すって決めていたんだ」ってwww なんか、「あ、そうだ。京都に行こう」的なノリで言っちゃってますwww 

恋愛経験ゼロのはるに「なんなんでしょうか、この苛立ち」って相談しても何も出てこないよっ!こういう時こその三男でしょうがっ!…茂はどうやら安田に行ってしまったようなので、この二人の関係はまだしばらくはこの宙ぶらりんのまま続きます。

ところで、進がはるに誕生日プレゼントでして欲しかったことってなんなんでしょう?

萌えつぶのエロ脳がまともな思考回路を閉鎖しています。

はる縁談の日、守の活躍(?)で、進、縁談会場に入る直前のはるを後ろから抱き締めて行かせません。この時の感情のこもった声がね、もう…。やっと、ですよ。感情に問題のある進だから、尚更思うところがあるわけですよ。でも、全てが遅すぎた。引き止められたことで、縁談を止めることはできず、はるは歩みを進めてしまいます。

こんな時は、安田ですよね。大人組、大集合です。兄ズが、進が自力でわからなかった答えを引き出そうとしてくれます、尋問で。www で、犠牲になったのは、と。w

限りある時間の中で、進ははるとの時間をできるだけ作ろうとします。

進「けど、好きなのかどうかわからない。」

もう、ここまできているのに…!そんなことってありですかっ!人を好きだという感情を知ることがそんなに難しいことですかね。ワケガワカラナイヨ。公; 進の感情障害はどうやら恋愛感情に特に著しくあるようです。

進の覚悟、はるの覚悟、三治の覚悟が交差する決戦の夜。守が悪役を買って出ます。ありがとう、まもっさん!三治は手先のお役御免となり、はるとの縁談もなくなります。やっぱりまだはるが自分のものではないから、縁談がなくなっても進の気持ちはもやもやのままです。

一向に点数稼ぎの進まない次期当主選に業を煮やした玄一郎、今度は、一番に結婚した者を当主にする、と言い出します。自分の件をないがしろにされて、拗ねちゃったんですね、わかります。元はといえば、お前の基準が曖昧だから点数上げが進まなかったというのに。w 

正「・・・は?」(wwwそりゃぁね。www)
博「俺、洋行すんのに!」(玄一郎は博のことまで考えてなかったと思うよ。w)
雅、認めます。興味がない、と。w
茂、呆れます。
勇、乗り気で一番に立ち上がります。白雪姫はどこいった?wwww

やっぱり三治は全くの悪役ではなかったですね。悪役は魔翁に任せとけ

勇は、安田に行き過ぎと注意を受けていることといい、進の相談事で、すぐに芸者に手を出したのか、と聞いてきたことといい、かなり芸者好きです。www 次期当主に短期間でなるためなら、見境ありません。で、正も便乗する、と。w

そんな兄達を尻目に、はると進、なんだかいい雰囲気です。進、はるの肩を自然に抱いています。

3月正の誕生日なのに、上二人は自分の結婚のことしか頭にありません。しかも、なかなか引っかからないってwww どこぞの令嬢でも、家ごと脅したら明日にでも挙式くらいできそうなものですが…。w

病院の三治に会いに行った進とはる。そこで、正の手紙を持ったたえが現れます。正、進ルートでは、進に抱きしめられるところしか活躍の場はなかったけど、長兄として最後にいいところをもって行きました。

はるに対して、かなりひどいことを言う三治に、たえがぴしゃりと言い放ちます。三治がたえに恋に落ちた瞬間ですね。(そして力関係が決まった瞬間でもありますね。)w

三治「なんなんだよ、あいつ。」
はる「たえちゃんだよ。」
三治「名前じゃねーよ!

萌えつぶも同じ突込みしてみました。ww はる、あほすwwww

進「大事な人っていうのは・・・・・・、自然とそう思えるものなんですよね。」

進の葛藤が全てこの言葉に詰まっていると思いました。長かったね、進。

今度は、散々ひどいことをしたから、今更自分の気持ちは伝えられないと、はるを前にしていう進。

えええ、そこまで言っているんだから!あと、一押し!

まぁ、にぶちんのはるは直接言ってもらわないとわからないですけど。ってことで、今度は喜助が一肌脱ぎます。恋愛本から得た知識ですが。w 押して引く作戦までは良かったですけど、「ホテルの部屋を取って脱がす」を実行しないと完全遂行できない作戦は・・・ちょっと。wwww

進、やっとはるに気持ちを伝えたのに、今度ははるが似たような理由で、すんなりOKできません。ていうかしません。

なんなの、この焦らし!玄一郎は、今月中に結婚した奴に当主を譲るって言ってるのにさ。勇なんて、芸者狙いが駄目だったから、トキに結婚相手探してもらっているのにさ。使用人と宮ノ杜、どこに問題があるって言うのさっっっ!ヽ(`Д´)ノ

はるの気持ちを三治から聞いた進。たえの薦めもあり、半ば強引に玄一郎のところに行きます。

あ、守のこと忘れてた。守、進の腕の怪我のことを気遣ってくれます。

玄一郎、ここで、自分が斬られることで、進のことをかばったかのように見えますが、ずっと無視されてて寂しかったんだよね。ずっと守に斬られたがっていたし。え 思わぬところで、寂しがり屋さん玄一郎を見れました。w

進、空っぽだった自分の中に、はるという核を見つけたんですね。大切なものを傷つけられても、自分を失うことはありませんでしたね。3月30日にやっと二人は気持ちを確かめ合います。

で、路地に連れ込み、接吻ですよ。しかも、壁際で押されて、左右を両腕でふさがれて。

<●> <●>

こういうの弱いですね。(//∀//)照

後日談の進、心地いい感じで強引でいじわるです。優しい亭主関白って感じですね。スチルも、はるの両腕をがっちりつかんで離さないって感じです。猫背が気になりますが。すいません、どうでもいいことでした。はる、進にすっかり調教され済みでした。いいぞ、もっとやれ。キスをしている進の顔が本当満足げで、萌えつぶも嬉しいです。

バッドは誰にも結婚相手が見つからず、進とはるは両思いになったものの、やっぱり身分違いの恋は許されず、はるが解雇され、進に知らせることなく、宮ノ杜を去るという話でしたね。

ハッピーエンド枠が見れないのは残念ですけど、救いなのは、二人が両思いであるということと、進が宮ノ杜という家に執着していないこと、でしょうか。それなら宮ノ杜を捨て、はるの元に行くことも簡単でしょうし。例え、玄一郎から刺客がこようと、進ほどの腕があれば問題ないでしょうし。だいたい玄一郎も進に構っているほど暇ではないだろうし(だって今だ当主だし)。

はい、焦らしに焦らされた進ルート。(あれ、正ルートでも焦らされてたけどもw)最初当たりのいいキャラは個別に入ってからがややこしい、をまんま行く展開でしたね。次は、華ヤカファン完全一致の魔翁最鬼畜ルートに突入します。

____________________

ブログに直書きしたことで、HTMLタグの乱立を防ぐことができ、無駄にブログ数を増やさなくてすみました。けっして、進愛が少ないわけではありません。あしからず。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 乙女ゲー  ジャンル : ゲーム

Comments






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017