現実脳と妄想脳の狭間で。

最近嵌っているモノに対する超個人的所見ブログ。

Category: 乙女系ノベル

Comment (2)  Trackback (0)

蹴って、踏みにじって、虐げて。

「蹴って、踏みにじって、虐げて」は、萌えつぶのされたいことじゃありませんし、したいことでもありません。

萌えつぶの好きな小説家青砥あかさんの足フェチを題材とした小説のタイトルです。

王冠1 さいごはしあわせ。
(青砥あかさん、星野美沙さんのサイトです。性描写が多い作品がありますので、苦手な乙女、年齢的にも満たない乙女のご閲覧はお控え頂く様よろしくお願いいたします。)

青砥あかさんの小説はどれもキャラ立ちしていて大好きなんですが(発行されている電子文庫はほぼ全て持っているくらい好きですね。照)、今回は「蹴って、踏みにじって、虐げて」の続編「舐めて、跪いて、愛しなさい」が刊行されていたことを知ったので、青砥さんの数あるシリーズの中から、このシリーズをちょっとブログで触れたいと思います。(他シリーズも含めて語るには時間がかかりすぎるのでw) 

なぜなら、この彼、綾瀬正也君、萌えつぶ好みの腹黒Mだから。

乙女業界(ギャルゲでもか)では、女性キャラがM、男性キャラがSっていう図式が多く、たまにM男キャラが出てくると、気持ち悪い域を出ないキャラが多いんですが、この綾瀬君、主人公ちゃんに虐げられたいがために、主人公のS気を引き出すべく、画策します。もちろんイケメン設定はデフォですw

タイトルで、書店ではお買い求めにくいかもしれませんが、電子文庫であります。お家にいながら、誰にも会うことなく、ポチリと出来ます。(`∀´)w

ここから先、M男について熱く語っております。そんなのに興味はないわ、という乙女は回れ右でよろしくお願いいたします。何事も、わいわいきゃっきゃうふふと出来る方のみご閲覧ください。(作品は性描写の多いものですので、年齢に満たない方の閲覧はご遠慮頂けましたら幸いです。)




















<蹴って、踏みにじって、虐げて。>

現実脳と妄想脳の狭間で。
(アマゾンでは販売していないようなので表紙のみ張っておきます。販売先のリンクは青砥さんのサイトからどうぞ。)
著者/青砥あかさん
イラスト/ひたきさん
発売/パブリッシングリンク
(画像使用許可は青砥あかさん、編集者の方よりOKをもらっております。)

彼が、期待の足フェチ腹黒M男くんです(このイラストのドヤ顔がまたw)。特殊な趣味のない主人公ちゃんからしたら、「気持ち悪い」対象でしかないイケメン綾瀬君w 実はこの作品、他の作家さんも参加された、フェチアンソロジー「フェチ―欲望のスイッチ(参加作家: 青砥あか、加藤文果、鍬津ころ、はつえ貴、御堂志生)」の一部だったんですね。萌えつぶ、知らなくて、これだけ単品で買ってしまいました。OTL 萌えつぶ、足フェチには全く興味がなかったんですけど、青砥さんの小説は好きなので、読んでみました。

彼の、麗香の足に対する異常な執着が、滑稽さを誘うと同時に、病みの部分も垣間見れて、おいしかったです。

ヤンデレキャラって、最初から歪んでいると、ヤンデルキャラ設定と化し、(萌えつぶ的に)萌え要素が半減するんですが、小さい頃はまともな少年だった綾瀬君。むしろ、天使のような男の子だった綾瀬君。麗香の(幼いが故の)歪んだ恋心を受け、彼女が彼の前を去ってしまった期間で、歪んでしまいます。

主人公花木麗香はちょっときつい性格で仕事のできる女性デザイナー。自分の仕事に自信がある故か、周りにも自分と同じレベルを求めてしまうタイプですね。十分S気質はありますが、至って普通の性癖の持ち主。綾瀬の足フェチの元凶。

綾瀬がただの足フェチMではなく、綾香の上司で、自分の欲望のためなら、強引になるあたり、Sッぽいです。

虐げられるために、強引にSッぽくなる。

なんか、矛盾しているようですけど、これがまた萌えます。自分が虐げられたいがために、麗香にわざとねっとりした視線を送ったり、彼女に怒られている営業を助ける振りして、そんな営業に嫉妬していたり(本当は自分が罵倒されたいからw)、とか。

こう、萌えつぶが文章に書いていると、綾瀬も気持ち悪いMっぽくね?と思うんですけど、そこは青砥さんの表現力ですよねw 結局は、麗香も、綾瀬ワールドに(無事w)引きずり込まれるわけですw

麗香の、綾瀬に対する突っ込みも面白かったので、萌えつぶは、麗香の気持ちと一体になって楽しめました。

<舐めて、跪いて、愛しなさい>

現実脳と妄想脳の狭間で。
著者/青砥あかさん
イラスト/ひたきさん
発売/パブリッシングリンク
(画像使用許可は青砥あかさん、編集者の方よりOKをもらっております。)

二巻目です。綾瀬君、さらにパワーアップして、出だしから「足コキ」を所望しています(ええ、冒頭の一行目からw) そりゃ普通の性癖をもっている人は知らない単語ですよねw

高飛車なようでいて、きちんと変態な恋人の要望になんとかこたえようとする辺り、麗香、けなげですw そこがこの話の面白さをさらに引き立てているんですが。恋する女の子だったら、大好きな彼が自分の理解を超えた変態(道徳の範囲内で)でも、なんとか文明の利器を駆使して、理解しようとしますねw 少なくとも萌えつぶはそうです。

麗香は、綾瀬の求めるだろう女王様然としたキャラになろうと努力しますが…、もともとノーマルな性癖しかない麗香は苦労します。綾瀬、無理している彼女を優しく包む包容力があります。ここはもうきゅんとしっぱなしでした。

そんな変態綾瀬君の名言。

本当のサドはね、優しくないと出来ないんだよ。

ただ傷めつけるだけはいじめだと。愛情ベースじゃないと、やっぱりこういうのはダメですね。「そういうお店」は、Mを満足させるテクがないとダメですが。

気がついたら、萌えつぶも、変態綾瀬に癒されていましたよ。

蹴って、踏みにじって、虐げて。定価 210円
蹴って、踏みにじって、虐げて。2 舐めて、跪いて、愛しなさい。定価 315円

恋人のアブノーマルな性癖を受け入れることが出来ると、二人だけの秘密って感じで、どきどきしませんか。萌えつぶには、この「ふたりだけの」特別感がたまらんです。萌えつぶ自身は至って普通の性癖の持ち主だと思いますけど(好奇心が旺盛な)。

値段も安く、二冊読んでも、半日はかからないでしょう。短いながらも、平日読みにはいいボリュームかと思います。もっと、このシリーズの展開を希望しますw






天然初心主人公や、俺様、S男子におなか一杯の乙女のみなさん、読みやすい青砥あかさんの足フェチシリーズはお勧めです。(どのシリーズもお勧めですけど。

青砥さんのサイトに掲載されている「愛されすぎた花嫁」が長い間未完で終わっているので、完成させてほしいなぁ、なんて思っています。これもまた深い話なんだわ。青砥さんは、本当、萌えつぶのお勧めの作家さんです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

1. 無題
脚フェチ・・・
一回読んだかな?どうだったかな・・???
←記憶が定かじゃないwww

どうも紙文化から少し離れてしまって忘れているようです・・・



気になるので読んでみまーす
変態www ←
2. Re:無題
>かもちゃんさん

是非是非、感想を聞かせてください。( ´艸`)

萌えつぶ、最近は電子本購入が多いですね(環境が環境なので仕方がないんですが。苦笑)。本当は紙媒体が好きなんでけどね。紙は重いし、場所取るけど、目が疲れないから。本当、最近は、目の休息日が必要ですw






プロフィール

萌えつぶ。

Author:萌えつぶ。
最近は「乙女萌え」に嵌っています。みなさん、良識を持って、わいわいきゃっきゃうふふをヾ(*´∀`*)ノ<オネガイシマース 大人のみなさん、お友達になって下さい。

ウフフ♪アナタ( ´∀`)人(´∀` )エヘヘ♪オマエ

ちなみに年齢制限が関係するトピックもありますので、未成年の閲覧はお控え下さい。ご自身の情操教育に多大なる影響を与えることでしょう。当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。
拍手への返事は該当記事コメント欄に記載しています。また記事内に予告なく白字反転があります。

【初めまして】←ご一読下さい。
【全年齢版萌えキャラ】
【R18版萌えキャラ】
【気になるリスト】
【持ってるリスト201406】

○ INDEX ○
【乙女系CD】
【乙女系ノベル】

気になります♪
○ ゲーム ○

ヾ(*´∀)CERO-ABCD(∀`*)ノ゙

「Double Score」応援中! 下天の華 夢灯り KLAP
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍び、恋うつつ 公式サイト。
ファタモルガーナの館
シスコン
完璧な男

☆└(゚∀゚└))R-18((┘゚∀゚)┘☆

鳥籠のマリアージュ
Innocent Grey 公式サイトへ。

○ CD ○

【安心安全全年齢】
俺にする?僕にする? 『大正浪漫~禁断の恋~書生の彼』

【18歳以上推奨】
davrilmoon
davrilmoon

ナミダメ〝イチ″ノミヤカズチカの場合

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017